”復帰宣言”

 
 
 
3月30日
抜糸ならぬ抜針のため病院へ、一応自分の中ではステープラーの針が抜けるまでトレーニングは再開しないと決めていた。
というよりも頭にささっているステープラーの針をどのように抜くのか?またその針が如何なってささっていたのかを究明するのが先決事項であった。
 
ステープラーの針は予想通りコの字型でそのまま頭に刺さっていただけで、リムーバーでいとも簡単に抜けた。
ちなみにリムーバーは日本の会社がメキシコで生産しているものであることを発見なんとなく、日本企業が頑張っているのに感心、記念?に針とリムバーを頂いてかえりました。
 
3月31日
朝7時30分から自転車でパロスバーデス南周りをゆっくり1時間40分かけて21マイルを軽く流した. 72.0Kg
昼から2週連続でサンタモニカへ。
先週は桟橋付近を散歩しただけで、娘ともう一度来ることを約束していたので、今日は自転車でサンタモニカからベニスビーチ間を往復。
ベニスビーチは今まで一度も行ったことが無かったので、自転車を下りてショップをみたり、ストリートパーフォーマンスをみたりと娘も大満足。
 
 
 
 
 
 

Fun Weekend

 
怪我をしなくてもこの週末は遊んで、食べて飲む予定が入っていた。
大学時代からの友人がインデアナ州から夫婦で遊びにきたからだ、
 
彼らは木曜日の夜にLAXに到着、その夜はそのまま自宅に直行、一杯飲んでから寝た。
金曜日の昼間は友人夫婦はLA観光、買い物を済まし、夜は彼らの希望が寿司を食べたいとのことで、まずはガーデナの築地。
土曜日の昼はソーテルのソーテルキッチン(写真1)。改装後始めていったが、お昼のハンバーグ定食の味は変ってなかった。
その後サンタモニカの桟橋(写真3)に行った。過去3年、サンタモニカには何度も行っているが、桟橋までいくのは始めてで、天気もよく、潮風のなか散歩を楽しんだ。
夜はトーランスの寛にて早目の夕食。魚料理を中心に居酒屋メニューを満喫。ここでもお酒は控え目にそれから自宅で再度飲みなおした。
 
日曜日朝、友人夫婦を空港まで送った後、先日担ぎ込まれた病院に行き、再検査、特に問題なしということで、来週金曜日に抜糸予定。
昼、娘のリクエストに応じて自宅でシーフードカレーピラフを食べた後、12時20分から始まる映画に飛び込んだ、終わった後、娘が面白かったのでもう一度観たいとの事で、2時50分から同じ映画(LastMimzy;http://movies.yahoo.com/movie/1809426052/info)をもう一度観た。(映画館で2回以上映画を観たのは仁義無き戦い総集編以来かもしれない、、、)
夜はシーフードブッフェ Todai、その後GoldenSpoon(写真2、娘の情報によると今大人気との事、http://www.goldenspoon.com/日本では昨年六本木ヒルズ前にColdStoneが開店し、長蛇の列ができたとの噂を聞いたが、このアイスクリーム屋はいついっても10人位は並んでいるとの事)にてアイスクリーム。
 
これだけ食って飲んだら、やっぱし太ってるでしょう。
 
 

ERにてCTスキャン

 
昨日朝、会社の同僚からOver training に注意するように忠告を受けた。
昨日の夜は特別メニューを消化するつもりはなく、有酸素運動にて終了したが、スイムの最後500はDrillで少し力が入った程度である。
 
6時15分 起床、少しいつもよりも遅れた感がしたが、30分1.5Kのスイムを消化すべくいつも通りFitnessクラブへ、窓からスイムのレーンが開いているのを確認。
6時40分 スイムの前にいつもSPA(ジャグジー)に入る、先ほど窓から見た際に泳いでいる顔見知りの人から”この時計狂ってるから”との会話を交わす。
6時50分 そろそろ泳ぎ始めないと30分泳げないと思いジャグジーを出る。
 
一瞬、めまいがし、次の瞬間、ジャグジーの横で転倒している自分に気付く。
周りで救急車を呼ぶよう云ってくれている人がいたので、”大丈夫ですので、救急車は呼ばないでいいよ”といった後、頭から流出した血が、いかにも殺人事件があったかのように広がっているのをみて、事の重大さに始めて気付く。
 
7時5分 救急車到着、大きな男が5人ほどが、倒れている私を取り囲んだ。男達は早朝の一番の仕事にもかかわらず、テキパキと応急処置を済ませた。
7時10分 救急病院に直行すべく私を運搬してくれていたが、ロッカーに入れた衣服、自動車においていた携帯電話を取ってもらった。
7時25分 救急病院への移動中に仕事仲間に朝病院に寄ってから出社する旨を伝えるが、事の説明をしていないので、電話先で仕事仲間は仕事について一方的に話始めたので、途中で電話を無理やり切った。というのも担架に縛られ輸送されている怪我人が長電話するのもおかしい。
 
7時40分 救急隊にも血圧を測られたが、再度計測。 名前、生年月日、住所、勤務先、保険などの情報を伝えるが、保険の情報が分からない。
7時50分 恐らくソーシャルセキュリティ番号から情報をとったものとおもわれるが、保険の情報を病院側が入手し、2-3枚の書類にサイン。
8時00分 CTスキャン撮影
8時10分 後頭部のパックリ6センチほど開いた傷口をホッチキス4針でとめる。
 
救急車が来てから、僅か一時間足らずで全ての処置が終わった。
2日後に傷が化膿していないかチェックした後、よければ一週間後に抜糸(ステープラーの針)との事。
 
8時30分 着替えて帰るべく、病院からタクシーを呼んでもらうが30分も待たされた。
10時00分 自らの運転で、一旦家までかえる。というのも血なまぐさいのを洗い流したかったからである。
11時00分 シャワーを浴び、自宅から出勤。
12時00分 途中でハワイアンBBQの弁当を買って、会社に到着。上司に説明。 ”アホや!”の一喝。
 
その後テイクアウトした弁当を上司と一緒に食べ、午後、同僚に傷をみせびらかせた。
 
20時00分 現時点で傷口は多少傷むものの、体に異常はない、それよりも少し饒舌になった自分を感じる。
もちろん、今日はトレーニングしない、もし、打ち所が悪く、脳になんらかの影響があったらと思うとゾッとするが、このへんで頭を4針縫って何かを考えなおせという誰からかのメッセージなのかもしれない。
 
また、止血の為タオルをくれたり、親切にされたのが身にしみている。
明らかに70Kgの体重を切った時点でトレーニングと体内に摂取する栄養の量に体がついてきていなかったのかもしれない。
 
反省し、今後のトレーニングの注意事項としたい。
 
 
 

69.2 Kg

 Swim 47 mins 2.2 K
 Bike  30 mins  11 mile
 Run   73 mins  6.25 mile
 
昨日同様、朝スイム、夜、バイク、ランで有酸素運動。
昼はバーガーキング、夜は食べずに走ったため、体重が久々に70Kgを切った。
しかし、吉野家の牛丼大盛りを食べたので、多分元に戻っているでしょうし、散髪したからかもしれません。

無難に消化

Bike 45 mins 16 mile,  Swim 20 mins 1k
 
日本からの出張者とRedondo Beach の夕食、軽く一軒で終わったので、その後フィットネスクラブに直行。
最初はビールも多少飲んでいることなので、軽く泳いで終わりと考えていましたが、95-100RPMで バイクで汗を掻いたあと、スイムへ移動。
無理をせず無難に終了。

70.8kg

 
3/13 Swim  20 mins 1k ,  Run  90 mins 10mile
 
会社で会議が長引いたため、昼食は会社が用意してくれたものの、サンドイッチでは満腹感は得られず。
空腹感のまま夜のメニュー(Run)開始。6.7MPHで走りだして、15分ぐらい経過したころでしょうか、目からキラキラと星が光ってます。
予定では久しぶりに20km(2時間)に挑戦と思って開始したもの、途中棄権かと思い少しだけスピードを落とし6.3MPHで10分ほど走ったところ調子がもどったようで、また6.7MPHで10Kmを58分で完走、続いて10Kmを開始するも30分5km時点でガス切れです。戦意喪失途中棄権。
3分ほどゆっくり歩いてCoolダウンしたので、残っている30分をエアロバイクで補うべく開始するも、やっぱし足が動きません。やっぱし、スタミナ切れで降参。
そんなことで1kg減の70,8kgまで体重は落ちたものの、帰宅後、どんぶりメシを食らった。

71.8Kg

 
3/12 Swim 32 mins 1.5k
        Bike 120 43 mile,  Run 27 mins 3.15 mile, Swim 20 mins 1k
 
朝少し、寝過ごしたのですが、とりあえずスイムのみ消化、夜はバイクを最初の1時間は1050-110 RPM, 次の一時間を95-100 RPMにて合計43マイルのエアロバイク、その後5Kのラン、スイムを消化。 家に帰って体重を量ると71.8kgまで体重は落ちていました。
呑みながらBlogをUp、また体重増える、、、、?