バージンアメリカ航空

本日は日帰りサンフランシスコ出張です。
朝6時30分のVX921便にてLAXを出発。
ご存知の通り、バージンアメリカ航空はリチャードブランソンCEOが率いるバージングループ傘下の航空会社ですが、米国内線参入の為にアメリカ資本が大半を占める英系米国航空会社です。航空業界の再編の中、格安料金体系で更に独特のサービスで昨日もシアトル、ニューヨーク、ラスベガス、サンディエゴ、ワシントンDCに加え、オレンジカウンティの路線開始を発表しサービス路線拡大中です。同社ホームページで紹介されているとおり実にバージングループらしい(?)ティストの機材とサービスです。私は価格(事前購入の場合はLAX-SFO間片道$50を切る価格)が最大の選択理由ですが(以前はSoutWestを利用していましたので、、、)やっぱり、あのティストが非常にお気に入りの人もいると思いますし、SFOでは新しい綺麗な国際線ターミナルを利用していますので、これも魅力のひとつかもしれません。
 

 
そんなことで本日は休足日としました。
 
Advertisements

One thought on “バージンアメリカ航空

  1. $50とは、電車賃のような値段ですね。AustraliaではVirgin BlueがDomestic路線で大活躍しています。話に聞くと、V.B.でケアンズ経由シドニー大阪往復がA$400以下で買えたと。もちろんtaxその他もろもろ別で、そちらの方が高かったそうです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s