5月のまとめ

 
5月の目標をクリアーするという意味ではBikeが全く積めていませんでしたので、月末の追い込みをするつもりはありませんでした。
今月からSwimを加え、何とか3種目のトレーニングを開始することができましたし、今月のレースイベントとしてロサンゼルスマラソンにも参戦しましたので、今月の総括としましてはそこそこマジメにトレーニングできた月でした。
来月は積みが足らないBikeを中心とするものの、基礎体力を維持する意味でもRun200Kmは継続目標とします。
 
今月の総括
Run 220Km
Bike   385Km
Swim   9.5Km
 
 

Advertisements

久々のBike – Run のブリックトレーニング

今朝は月末追い込みのつもりでしたが、昨夜はいつものメンバーでの飲み会でしたので、やっぱし朝錬はパスです。
そんなことで、夕方からは久々のBike – Run のブリックトレーニングです。
Bikeのコースは一昨日に舗装されていない路面で泣いた川沿いのBike Path です。往路は追い風で調子よく進めます。
アナハイムのエンゼルス球場と少し先のHonda Centerまで行きついたところでUターン。
(ここからはディズニーランドまでは目と鼻の先ですが、今日はRunが残っているので、帰路を急ぎます)
 
 
復路は向かい風でスピードが伸びませんが、他のサイクリストの後ろを追いかけ、何とかスピードを維持。
本日はタイヤも汚れることなく、スムーズな走りです。改めてこのコースを実感すると、この川沿いBikePathはなんともトライアスロンの練習向きです。
フラットで直進のみ、車と並走する心配なし、他のサイクリストも少ないのでかなりストイックにハイスピード維持のトレーニングが可能です。
自宅に戻り、自転車を置き、シャツを着替えて、Runに移行。Bikeの途中でパワーバーにて栄養補給しましたが、Runの後はすこしキツカッタです。
 
 
 
Bike  2h 15m  38 mile
Run      45 m   4.3mile
 体重 68Kg  体脂肪 18%
 
 
 
 

ディズニーランドを目指すが挫折

自転車の月間走行距離がトレーニング目標を大幅に下まわっていますので、少し距離を稼ぐつもりで走り始めました。
平日のディズニーランドを目的地としてUターンして戻ってくるというのが計画でしたが、出だしは良かったものの、車との並走を避ける為に選んだ川沿いのBike Path が途中で路面舗装が行われていません。
 
 
 
 
少しの距離かと思って走り続けたのですが、5から7Km位はこの路面での走行で、さすがにタイヤを買い換えたといってもスピードも上がらないし、困って一般道にでたものの、交通量も多く、ディズニーランドを諦めUターンです。
帰路では川沿いのBike Pathの反対側(対岸)を走行するとこちらは路面は総て綺麗に舗装されています。どうやら川に架かっている橋を渡るコースになっているようで、自転車に乗ったひとは皆さん橋を渡っています。オレンジカウンティの行政に対し、サイクリング対策を真剣に改善を求めるところでしたが、、、それは即座に取り下げました。
 
Bike 2h40m 40Mile
 
 
 
 
 

LA マラソン参戦報告

 
昨年に続き、ロサンゼルスマラソン参戦していきましたので、ご報告いたします。
主催団体、開催時期、コースも昨年とは異なるので、全く新しいイベントという感じで参加しました。
レース前の段取りが昨年より手際が悪くバタバタ(サブ3、サブ4などの目印もなく、ペースランナーが最後に入場)していたようですが、昨年通りロサンゼルス市長Antonio Villaraigosaの開会宣言でスタート(昨年は国歌斉唱があったと思うのですが、、、??)
今回の目標はサブ4ですので、どのような戦略を立てたかといいいますと、昨年の反省を生かし、全行程をマイペースで走りきるというものですが、走り出したところで3:40のマークを持ったペースランナーとその一団に抜かれたので、即座に戦略変更、この集団にできるだけついて行こうと決めました。3:40の次のペースランナーは3:50で、その次が4:00ですので、途中でペースダウンするのは分っていましたので、遅れても次の集団について行けば良いだろうということです。
16マイル地点までは時速7.2マイルでペースランナーについていけたのですが、この辺りからペースランナーとの距離が広がっていきます。
後半は住宅地からK-Town(韓国人街)を通るコースで、昨年のコースと比べ大変気持ちの良いコースです。
ペースの遅れも極端にスピードが落ちることもなく、22マイル時点位まで時速7マイル位で消化。お約束の日本人サポーターからアンパンを頂き(今年はアンパンが切ってあったので、食べやすかったです。いつも有難うございます。)
25マイル地点を少し過ぎた所で、ついに3:50のペースランナーに追いつかれ、抜かれましたが、なんとかそのままペースを維持し、ゴールです。手持ちの時計(Forrunner 305 では3時間51分という結果でなんとかサブ4達成です。
 
 
 
昨年はコース途中で徒歩撮影モードになり、あんぱんを食べているところの写真でしたが、今年はゴール後Ultraブースにて一人でビールにて祝杯です。
 
 
正式記録タイムもほぼ同時に発表されており、Chip Tiimeは3時間50分42秒です。
またにやけていますが、写真がUpされましたら、またご紹介します。
 

LAマラソンレジストレーション

明日に控えた(実は一昨日まで日曜日(本日)開催と勘違いしていたのですが、、、、)LAマラソンのレジストレーションに行ってきました。
今年から運営団体(会社)が新しくなったということで、Hondaの冠スポンサーには変りありませんが、細かなところで問題がありそうです。
私がレジストレーションを行っている横で、レジェンダリーランナー(過去の大会に何度か出場されている方)が開催側から割引の連絡が来てないので、いくら払ったら良いのか?と少し強めに文句を言っていると、マネジャーらしき人が出てきて、私は何も聞いていないの一点張りでしたが、最後に30ドル割引しますということで、その人もなんとか納まったみたいです。
 
まあ、2度目の私が運営の良し悪しを云々する立場ではございませんので、明日レースを楽しませて頂ければと思います。
 
結果はなるべく早めに報告します。

前輪タイヤ買替え

 
先日自転車タイヤ不調の報告をしましたが、やっぱし前輪タイヤに不安を感じましたので、いつもお世話になっているTriathon LABに行ってきました。
結果から申し上げますと、タイヤ交換時期で1月の後輪交換についで前輪タイヤ買い替えとなりました。
 
 
タイヤの写真よりも時には花の写真でもでうぞ、、、クリックして頂くと綺麗に写真だけ表示されます。
 
いつもながら雑談の中に営業トークが入ってきますが、フィットネス関連商品(フィットネスクラブ会費やフィットネス関連商品購入代金)に関してTax Return の対象になる?とのこと、タイヤ交換費用ではあまり効果ありませんが、高額なバイク購入の良い言い訳となるか、、、、???
 
ブログアップが遅れましたのは昨晩、近辺地域一帯で停電となったためです。
 
Bike  55 m   15.5 mile


にほんブログ村

ジロディイタリアTTステージ

 
ジロディイタリア 第12ステージです。
TT(タイムトライアル)ステージですが、山岳ステージかと言うぐらい山の坂の多いコースです。
その為、殆どの選手がロードバイクを使用し、エアロバーを取り付けてますので、楽しみにしていた各社のTTバイクをチェックすることができませんでした。
唯一CerveloのみがTTバイク(P3のプロトタイプ?)にロード用ハンドルを付けて参戦。
 
また、この手の視聴者層が特定されたTV番組では普通のTV番組では到底想像もつかない商品のCMが入ります、今回驚いたのはRoad IDという個人情報を書き込んだリストバンドのCMです。(私も数年前にオリジナル版を購入した一人ですが、、、)Levi Leipheimerをプロモーション並びにCMにも起用してます。そんなに儲かる商品とは思えないのですが、その大胆なマーケティングに脱帽です。
 
 

 

 
 
 
話は変わって、本日のトレーニングですが、ハンティントンビーチ高校のプールにてSwim消化。
 
Swim 2.5Km 1h05m 
 
 
 
 
(ここからはあまり面白い話ではありませんので、ここで読み終わって戴いて結構です。)
 
このプールは水球の練習が終わってから一般に公開されますので、水球のゴールが撤収されると、待っていた人たち(と言いましては10人ぐらいですが、、)が泳ぎ始めます。
レーンにはコースを仕切る浮きラインがまだ設置されていないので、それぞれのコースに均等に人が入っていきますが、今日は少し人が多いかなぁ、、という感じで泳いでいると横に泳いでいたオヤジと軽く接触。レーンを仕切る浮きラインがまだ端のレーンから順番に取り付けられていたので、そのうち我々のラインにもすぐ設置されるだろうとそのまま泳いでいるとまたオヤジと接触、なんか嫌な感じと思いながら泳いでいくとプールの中央でオヤジが立ち泳ぎで私に向かって”レーンをちゃんと見ろ!”と怒ってます。こちらは蹴られた感覚はあってもこちらから突っ込んでいったつもりはないのでプールの端にてオヤジを観察していると、このオヤジが大きく斜めに泳いでいます。両脇の人たちも、あのおっさんなんとかせぇと言うほど無謀な泳ぎです。レーンを仕切る浮きが設置された後は問題は起こらないだろう思うと、オヤジはサッサと終了。なんとも不思議で不愉快なオヤジでした。
 
 


にほんブログ村

長袖?袖なし?それが問題です。

 
昨日はなにかと色々ありまして、予定していたトレーニングが積めませんでしたので、今日は真面目にRunを15マイル程消化。
実はLAマラソンに何を着るか悩んでます。何を着るか悩んでいるといいましても、女の子ではありませんので、色やデザインで悩んでいるのではなく、当日の天気と気温を考えば、半袖のシャツになるのですが、私は長袖か袖なしシャツしかもっていません。そんなこともあって今日はテスト的にトライアスロン用の袖なしシャツにて走ってみました。
(いつもは陽が沈んだ後、風が吹いたことを考えて長袖で走っています)
まあ、長袖にするのか、袖なしにするのか当日決めることになるかと思いますが、、、、
 
 
 
Huntington Beachの桟橋では明日からのビーチバレー大会の準備で賑わっていました。
 
Run 2h36m  15.5Mile
 
 
 
 


にほんブログ村

走るキッカケ

私がFacebookにUpした写真に久しぶりの友だちからコメントがありました、彼は私がシカゴにいた今から約15年前に知り合った友達です。
当時私はウインドサーフィンをしておりまして、シカゴ(イリノイ州)からインディアナ州に入ったところにWolf Lakeという小さな湖があり、そこにウィンドサーフィンを楽しむ人たちが集まっていました。シカゴと言えばミシガン湖なんですが、シカゴの強風がまともに吹いた時には到底太刀打ちできない位に吹きまくりますので、その風の影響が届くWolfLakeは丁度いい感じで、流される不安もなく極寒のサンクスギビング位までフルのウエットスーツと手袋をして、ほぼ毎週行ってました。そんなインディアナ州の小さな池で日本人と出会う可能性は普通あり得ないのですが、風を求めるウィンドサーファーの情報網は鋭く、二人はこの場で知り合ったのです。その後、一緒にコロンビアゴージー(オレゴン州ポートランド)に行ったり、私が英国に転勤になったときにはカナリーアイランドにも一緒に行きました。(勿論ウィンドサーフィンを楽しむ為の旅行です)その後、二人共日本に一旦帰国した時には三浦にも行きました。
実はそんな彼(と彼の実兄)が私が大人になってランニングをするキッカケを作った張本人(達)なんです。
私が神奈川県に住んでいたときに、彼(と彼の実兄)から藤野山並み駅伝に参加することを誘われました。当時は全く走ることなんて夢にも想像していなかった私ですが、”駅伝で2Kmだけ走って?人数が足りないで、、、”と頼まれたので、2Km位は走れるだろうと安易にOKしたのですが、実は8割は坂道で、その区間は2Kmですので、ほぼ全速力です、私は中高生のランナーに抜かれながらも、走り終えることは出来たのですが、恐らく心拍数180を越え、その場に倒れ込んで、吐きそうになったのを覚えています。
その後少しブランクはあったのですが、ボチボチと走り出し(といっても当時はせいぜい3~5Km位ですが、、、)たという経緯があります。
 
    
 
Fuerteventura はカナリーアイランドでも強風が吹くということでスピードレースが開催されます。
風はオフの為波が立たないのですが、少しの波頭でも撃沈すると怪我をするぐらいのスピードがでます。
 
Run  1h 45m   10 mile
 
 

もう少し早く買っておけばよかった第2弾

 
以前に掃除用の手袋をご紹介しましたが、今回は少し訂正の意味もふくめて、、、
2007年の8月に買ったラップトップコンピューターの処理スピードが遅いので、OS(VISTA)が原因のような事を過去の記事で発言しておりましたが、本日1GBのメモリ(RAM)を増設して、どうにか使い物になるスピードまで改善しました、恐らくVISTAは256KBで動くOSでないのに、本体の価格を下げる為にこんなPCを発売したのでしょう。
しかし、1GBのRAMが$20もしないのであればもう少し前に買っておけばよかったと思います。