激沈!単独 Santiago Canyon 往復ライド

 
昨日BikeのNewペダル(Jimmyさんから借用中)をインプレにも書きましたが、登り坂での実力を試したくなり、単独でSantiago Canyonへ、、、、
前回はJimmyさんからこのルートを教えて頂くという名目でご一緒して頂きましたが、平日ですので、本日は単独です。
 
 
前回同様、Santa Ana River Trail北上コースで、目的のSantiago Canyon に到着、ここからパノラマ絶景が始まります。
少しすると左側(北側)に今週末開催される究極の泥んこランニング大会Mud Runの会場となるIrvine Lakeが見えてきます。
 
 
その後何度もUp Downを繰り返しますが、新しいペダルでダンシングをしてみたり、調子に乗りすぎて、かなりオーバー気味です。
 
 
 
そのまま終点で折り返すつもりでしたが、またまた調子にのってLake Forest のAliso Creek Trail をどんどん南下。75Km地点で折り返し、、、
Santiago Caynonまで戻りますが、この時点でかなりガス欠状態となってしまっていましたので、休日はオートバイ野郎の集いの場となるCook’s Cornerでランチ休憩。
 

 
こってりしたハンバーガーとフレンチフライがお腹に宜しくなかったのか、Santiago Canyonを終える位からスタミナと集中力を切らしてしまい、ちょとでも近道と思い、Walnut 経由でなく、Santiago Canyon を真っ直ぐにChapmanを通る道を選んだのですが、交通量も多く、自動車と並行して走らなければならない、なんとも不愉快で、危険な道で、走行速度よりも横を走る自動車に気を使う結果となりました。
その後、やっとSanta Ana River Trailに戻ったのですが、強い向かい風で完全に戦意喪失。
なんとか時速20Kmぐらいで、O*udonに到着。
 
 
本日の反省点は、水分補給、エネルギー補給が全くテキトーであったために後半完全にバテバテで、体力も集中力も維持できなかったことと、ペース配分が全く無謀な暴走状態であったことです。HRの平均は127となっていますが、休憩の際にも停止していなかったので、その時間帯のHRを含んだ平均です、たとえ坂中心のコースでも高すぎたと反省。
 
まだこの時点でレースの課題が露呈してきており、不安材料を残す結果となりました。
 
 Bike  5h35m   136Km
 
 
 ロサンゼルスの面白情報が満載のブログが集まってます、クリックして、探してみては?


にほんブログ村

Advertisements

2 thoughts on “激沈!単独 Santiago Canyon 往復ライド

  1. いいですね。そういうボロボロになって走りきった経験は、必ずレース中のしんどくなった時に心の支えになります。実は僕も大昔にSantiago Canyonで空中分解して、友達に迎えに来てもらおうと電話したことがあります。その友達も実は坂の反対側で自転車乗りをしていたのでまったく役にたたなかったことを覚えております。Santiago Canyon はCook\’s Corner から上がってくるほうがもっときついし、とつぜん暑くなったりしたので答えたのでしょう。あとレースまで2週間、調子を整えてがんばってください。

  2. Jimmyさんいつも励ましのお言葉有難うございます。スペシャルドリンクも途中でなくなり、その後はCarbo Proだけとなり、エネルギーの補給でも大失敗。O*udonにたどり着いた時には声も出ないぐらい、ボロボロでした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s