男の品格 川北義則著

“品格”をタイトルに付けるのが流行っているのか、男の品格なる本。品格とはなんぞやという定義もあるでしょうし、男、女、日本のそれぞれが、どのように高い品格を目指すのかということであるが、読後、私には男の品格がどうあるべきか、更に悩む結果となった。

美意識や常識などは、個人によって異なるでしょうし、明らかに国民性や、流行もある。著者は少し前に流行った、ちょいわるおやじを例に挙げているが、果たしてちょいわるおやじが品格のある紳士なのか、、、、また戦後29年後にフィリピンルバング島から帰国を果たした小野田寛郎氏の記述もあった。

さて、私の場合、品格と呼べるものは全く身に付いていませんが、これだけはという、信念や信条を曲げずにきたつもりです。 しかし、果たして、そのこだわりも他人様の目にはどのように映っているのやら、、、

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s