またやってもた、、、LAマラソン2012 参戦レポ

熱気漂う23000人の本気ランナーの中で一番厚着?と思うぐらいのウェアーを着込んでいる私の違和感をレース直前に昇り始めた朝日が薄ら笑っています。リトル東京を過ぎ、ダウンタウンを後にする頃に手袋を外し、その5分後にはウィンドブレイカーを脱いだのですが、そのウインドブレイカーを脇道に投げ捨てる訳でもなく、腰に巻いて走るという、沿道の皆さんから見れば、なんともヤル気の無い格好です。コースは下り基調で、特に、Sunset Blvd からSanta Monica Blvd. へ南下するSan Vicente Blvdは激坂を転げ落ちる感覚で、なんとかスピード抑制に努めますが、これが日頃海岸沿いしか走っていないフラットランナーの大腿四頭筋には負荷がかかり過ぎます。エリートランナーでない私はかなり後方から出陣ですので、途中10Km地点ぐらいで4時間15分のペースメーカー、20Km地点で4時間00分のペースメーカーに追いつきますが、更に貯金を増やそうと、勿論、ブランド物には興味もないのでロデオドライブでは寄り道もせず、無謀に突っ込み続けます。最初に脚が攣ったのが30Km地点で、追い抜いた筈の4時間00分のペースメーカーに追いつかれ、あっさり追い抜かれます。この時点で”またやってもた”、、と反省しながら、歩きも入り大失速。その後、いつもお世話になっているアンパンとエアーサロンパスに助けられ、サンタモニカの最後のホームストレッチでは、コースまで溢れる人の声援が、長旅に疲れた身体に最後の鞭を打ってくれます。

30Km地点で大失速してしまうレース展開は昨年のIronmanと同じ失敗を繰り返すという失態。課題が全く解決できていない結果となりました。
ガーミンのデーターはこちらから、、、

いつもながらのことではありますが、ボランティアや沿道で応援して頂ける皆さんには頭が下がります。 ”Thank you!” の一言では言い表せない感謝の気持ちで一杯です。

また、こちらのローカルニュースでも紹介されていました、あしなが育英会津波遺児支援プロジェクトの一環として、LAマラソンに参加した東北選抜の8人の大学生ランナーの奮闘振りはこちらから、

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

Advertisements

4 thoughts on “またやってもた、、、LAマラソン2012 参戦レポ

  1. 僕的には4時間11分なら立派な成績ですが…汗;
    ガーミンってこんな風にデータがとれるのですねぇ。いいなぁ。
    でも今の僕には「猫に小判」だと思います。
    フルディスタンスのトライアスロンのためにもマラソンを走りたいのですが
    今年の後半か、来年の春だとしたらどれにするか検討中です。

    ところで、ジミーさんはサブスリーだったのでしょうか?

    • Akiraさん あちこちでガーミンのアラーム音が聞こえてきましたので、装着率はかなり高かったと思います。あれば便利ですし、一旦使い出すとデーター(ペースや速度、心拍数)が分からない状態はスピードメーターもカーナビもない車を運転している位不安です。マラソンの予定ですが、今年10月のロングビーチ、来年はやっぱりLAマラソンでは?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s