Surf City USA Marathon 参加報告

参加報告といいましても、娘がボランティアで参加させて頂いたことについての報告です。

6時過ぎのフルマラソンのスタートに間に合う様に、学校に4時30分に集合、スクールバスで各担当ポジションに配置され、娘は他の友達と一緒にエイドステーションにてお手伝いさせて頂いたとのことです。

レースはフルマラソン、ハーフマラソンと、それぞれに車椅子部門があり、6時過ぎから8時過ぎまで約2時間、数分つづグループ別にスタートするWAVE形式ですので、最初から最後のランナーまで途切れることなく、エイドステーションでランナーに水を渡していたとのことです。

ランナーからお礼を言われることもあり、ボランティアの体験自体には満足していたようですが、安全に余裕をもってボランティアの学生達を配置、撤収のため、レース前後の待ち時間が長すぎたと、少しご不満のようで、そう言われるまで、私も沢山のボランティアの皆さんが、レース前後の時間をどのように過ごしているか、考えたことがありませんでした。 特にトライアスロンのロングのレースとなれば早朝から夜までとなります。そんな長時間、お世話して頂けるボランティアの皆さん、その場所を利用させて頂ける地域の方に改めて感謝。

(下の写真は最初のエイドステーションで、一生懸命紙コップを集めるボランティアの少年で、娘ではございません、、、)

2013-02-03 08.25.51

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

Advertisements

2 thoughts on “Surf City USA Marathon 参加報告

  1. 私も何度か短いアクアスロンのお手伝いやフルマラソンのエイドのお手伝いをさせてもらったことがありましが、お手伝いして初めて気付くことが沢山あり、良い経験をさせてもらいました。
    マラソンやトライアスロンの大会に出場するだけではなく、ボランティアとして参加するってとても大切だと思いますし、ボランティアの方々への感謝の気持ちがことさらに大きくりました。
    しかし、フルのIRONMANのボランティアは想像が出来ないほど大変でしょうね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s