Ironman 70.3 Oceanside 前日視察報告

明日(30日)のレースの視察予定は無いため、本日、お買物を兼ねて視察していきました。自宅から車で1時間程南下したOceansideで開催されるハーフアイアンマン。トライアスロンシーズン開始、カリフォルニア開催などの理由で、有力プロ選手も毎年多く参加。

2013-03-29 15.05.37

男性プロはこの大会では絶対的な強さを誇るAndy Pottsの連覇、、、女子は本命Mirinda Carfraeに他の選手がどれぐらい迫るかというのが私の予想ですが、2011年には、あれほど、二人で仲良く記念写真撮ったのに、結婚してしまったし、、、個人的には昨年、  Ironman Arizona, Ironman Austria, Hawaii 70.3で優勝している美人のLinsey Cobin(これまた人妻写真右から二人目)に頑張って頂きたいと応援しています。

2013-03-29 15.49.10

上の写真はステージでの注目プロ選手の合同インタビューという感じのイベントですが、トライアスロンというスポーツの特性なのか、またはプロ意識が高いのか、皆さんマジメなお答えばかりのなか、唯一、多少、おもろいことを云うMatt Reedに好感を持ちましたので、ステージ降壇後記念撮影をお願いしました。ニュージランド出身、現在はコロラドボルダーを拠点としてトレーニング。アシックスとのスポンサー契約は今年で3年目とのこと。200cm近い大男は180cmの私でも小さく見える位です。

昨年、今年とLA Marathon出走を理由にこのレースには欠場していますが、地元開催、全てのコースが素晴らしい(本日のAndy Pottsのアドバイスによると、沿道の応援が素晴らしいので、飛ばしすぎないように注意することと、自転車のコース後半、静かなところがあり、そこはは少しだけ、プッシュすべしということ)、また、このレースでは悪い思い出がないということで、来年はやっぱり参戦すべしかと、、、、。

日本からの参戦大いに歓迎します、売り切れる前に是非ご検討願います!!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

100年後の地球

とある方とカリフォルニアサイエンスセンターに展示されているエンデバー号を観に行くこととなり、車中、目的地直前にて、急に100年後の地球や世界がどうなっているか心配になってその方にご意見を伺った。

Endevour私は、100年後、国籍、国境という概念が無くなっているのではと、なんとも能天気な考えを申し上げたところ、その方は100年後の地球は今を生きる我々が、どうあるべきかということを考え、そうするために行動し、素晴らしい地球を後世に残すのが、我々の責任であると、、、、

エライ学者や国を司る政治家の先生と呼ばれる方々が、どのようなことを考えてお仕事をされているか存じ上げませんが、使用済み核燃料を雄大な自然が残る北海道に埋めてしまうなどと、極めて楽天的に後世にツケを回すのは何とも寂しい考えです。恐らくそんな方は50年後にもっといい方法があると言い出し、使い捨ての人工衛星の様に地球から宇宙へ核ゴミを捨てる方法を発表するのかもしれません。

20年間で25回も宇宙空間と地球を往復したエンデバー号の勇姿を見ながら、100年後の地球と宇宙の関係を考えされられました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピアノに宿る不思議なスピリット。

2年前にほぼ新車同然で購入した車のウィンカーの電球が切れた。夜間走行距離が多いのであればフロントのライトが切れるというのは納得できるが、真っ直ぐしか走らないアメリカの高速道路が中心で、車線変更も頻繁にしないのに、なぜウィンカーの電球が保証期間を過ぎたと同時に発生するのか、歩留まり、不良部品の多いアメ車の宿命か、、、。

先日ご飯を炊くと芯が残ったようなご飯、8年使用した炊飯器から何か、部品が焦げたような匂いが微かにした。これも3日に一回程度の使用頻度。こちらは日本製の白モノ家電。今の技術であれば内臓タイマーにより意図的に不具合を発生させるプログラムを走らせているのかと疑わざるを得ません。消費大国アメリカに限ったことではないにしても、部品を取り替えたり、修理するよりも技術は日進月歩、新商品に買い換える方が安価で高性能となるという、買い替え市場を喚起することとなる。

そんな中、とある方のご紹介で、ピアノを再生する方の仕事場を訪問する機会に恵まれた。数年、数十年または百年以上も愛用され、なんらかの理由で、長年放置、レストレーションが必要となったピアノを解体、補修を施すというピアノ専門の職人さん。部品には国際統一規格はなく、アメリカ製、ヨーロッパ製、日本製とそれぞれの部品を使用しており、生産中止となったモデルや製造メーカーがもう存在しない場合はその代替部品を探すか、または自作することとなる気の遠くなる、宮大工のような手作業による修復作業。

マスプロダクション製品に囲まれた無神経な私でも、その解体途中のグランドピアノを前にすると、長年オーナーが魂を込めて練習し、多くの人に感動を与えてきた歴史によって染み込められたスピリットのようなふしぎな霊気を肌で感じた。

ビデオは泣いている赤ちゃんがピタッと泣き止むという、別な意味で不思議な効力なを放つ、タケモトピアノのTVCM。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

Full Vinemanでリベンジを目指します

リベンジシリーズ第一弾のLA Marathon では昨年よりもタイムが良かったという意味で、その目的は達成。次は昨年、諸般の事情で無念のDNSとなってしまったFull Vinemanに向けてトレーニングを開始します。サンフランシスコの北、Sonoma地域のワイン畑の中を走るフルディスタンスのトライアスロンです。昨年はホームグランドであるサンフランシスコのアイアンマングループの皆さんにお声をかけて頂き、特別割引価格適応のメリットを享受させていただきましたが、今年は主催者側がさらに太っ腹となり、One buy One get half (二人で申し込むと一人分は半額)という割引オファーになりました。そろそろ申し込みを行う予定でございますので、この割引プログラム適用ご希望される方ご連絡ください。現在、私とマッチング候補の方が1名おられますが、更に増えれば4名(2名x2組)という組み合わせもできますし、、、。

ビデオは昨年70.3に参戦された日本人の方のビデオを拝借させて頂きました。このビデオを撮影された女性は自分撮り(恐らくGoProだと思いますが)で、書き込まれているコメントも非常に好感がもてます。またサイクルコンピューターが作動しなかったり、最後までバッテリーがもたず、感動のゴールシーンが撮影できなかったりとミニトラブルに見舞われる中、ゴールを目指す姿、ついつい応援したくなりますし、実際にチラッと写る素顔もたいそう美人。ファンになりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

ASICS LA Marathon 2013 参戦報告

昨年は満足のいくレースができなかったということで、リベンジシリーズ第1弾、ASICS LA Marathon 参戦のご報告です。

ロサンゼルス市内観光スポットを回るコースとなってから、スタートとゴールが異なることでスタート地点到着まで、皆さんそれぞれご苦労があるのですが、昨年同様、HONDA CRVにてVIP送迎サービスに便乗させて頂き、レース前のストレスとは無縁でドジャースタジアム入り。

2013-03-17 06.13.49すると金曜日に夕食をご一緒させて頂いた樋口編集長率いるランニングマガジンクリールご一行様と再会。お互いの健闘を祈って写真撮影。

荷物預けやトイレに必要以上に時間を要し、コーラルBの入場時間を逸し、なんとかドサクサに紛れて、コーラルCからスタートします。前半は抑え気味にと、自分に言い聞かせながら走るものの、15Kmを越えた辺りで5’15″/Kmにて疾走するグループに吸収されます。このまま行けるところまで、突っ込むか、かなり迷いましたが、HRが正直に160近くまで上昇。最後までイーブンペースでゴールするという今回のレースの目的を達成するため、離脱を決心、一人旅を開始します。35Km地点を越えペースダウンするものの、下り坂に助けられ、毎年お楽しみにしているあんパンもご馳走になり、エイドステーションでも一切歩くことなく、無事ゴール。(下のグラフは赤がHR、青が走行ペースです、グラフをクリックするとStrava.comにて詳細データーをご覧頂けます。)

LA marathon

リベンジの秘策として、MyASICS(オンラインコーチシステム)を利用させて頂き、完走目標時間を実力の120%の3時間43分に設定。この3ヶ月間、コーチの指示通りのトレーニングを消化するものの、直前で自身の脚力を自己評価し、5’15″/kmイーブンの目標を5’30″/Kmイーブンペースでの完走と再設定させて頂き、その通りの走りを実現しました。ほぼイーブンペースでの完走というレース展開では申し分なしですが、この直前の見直しについては賛否両論、ご批判もあるかと存じます。いつも客観的に私のレース結果を予想されるJimmyさんからは”目標設定が甘い!”とお叱りも覚悟です。実際、Jimmyさんは如何なる場合でもポテンシャルな能力(120%)をどのように引出すかという視点でレースに参戦、今回も完全燃焼されています。

なんとかリベンジという目的は達成するも、セルフマネージメントの詰めが甘い、この欠点を克服するのが次回の課題となりました。次のレースは  FullVineman そろそろ申し込みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

100 Miles Club’s Run4Kids Accept the challenge

Kara Lubinさんによって1963年に設立、今年で20周年を迎える歴史ある100 Miles Club のイベントに行ってきました。毎年参加されているウルトラランナーMiekoさんの応援で果物、飲物の差し入れに行ったのですが、Miekoさんの足を止めるという失礼な応援もできず、ついつい、数Kmだけですが伴走させていただきました。

100_Mile_Club_Logo_R-300x163

主役は子供達ですが、このイベントの支援目的で走るツワモノウルトラランナーが沢山集まり、24時間中学校のグランドをぐるぐるまわります。ウルトラランナー達はエイドステーション、休憩のためのテントを設営し、24時間ロングランに挑みます。子供達に混ざって走るということはマラソンなど、”速さ”を競うレースやイベントでは安全上の問題もあり、実現不可能ですが、ここではウルトラランナーとのギャップが違和感なく混在し、”共存共走” している風景がなんとも自然で微笑ましく感じられました。楽しみながら走る姿は子供もウルトラランナーも変わりなく、走ることで”何か”を感じた子供達が、これからの人生で色んなことに恐れず挑戦する。Accept the challenge 素晴らしいイベントに参加させて頂きました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

“The Call” Halle Berry

私の好きな女優さんの一人、Halle Berryがロサンゼルス市警の911オペレーターを熱演。ロサンゼルス撮影されていることもあり、実際に事件に巻き込まれた場合(そんな事件に巻き込まれたくはありませんが、、、)どのような対処が必要なのかということも仮想体験できるでしょう。本日公開。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

勝利の女神に逃げられました、

一昨日ご報告の勝利の女神とは別に、実はもう一人、レース前に会っておきたい勝利の女神とランチの約束をしていたのですが、急用発生とのことで、来週に持ち越しの連絡入ってきました。彼女は私が始めてLAマラソンに参戦した2008年にアドバイスを受けた元同僚で、22回のマラソン完走実績をもつベテランランナーです。久しぶりにランチでもとお願いしていたのですが、残念です。これが今回のレースに悪影響が無ければよいのですが、、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

スペシャルイベント萩原健一トークショー I FEEL FREE@アリオ八尾

arioyao

本当に信じられない企画です。オフィシャルウェブサイトではコンサートツアーの告知があり、そのチケットは3月30日より発売開始、その宣伝活動の一環かと思いますが、八尾で?無料で?ショーケンが整理券が無くても立ち見でも観れる?お買物のついでに如何でしょうかということですか?前日には浜村淳がトークショーとのこと、なんとも寂しく感じるのは、私だけでしょうか、、、、。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

勝利の女神頼み、、、

MyASICSメニューで、やるべきことはやったっと言い、今までの練習の成果をレースで発揮するだけなのですが、ここ、数日調子が悪く、残すところ4日となったLAマラソンに対処すべき秘策があるのかと考えた結果、神頼みしかないということで、本日、勝利の女神に会ってきました。

2013-03-12 11.02.20彼女は昨年から出場するレースで常勝。各トライアスロンのレースでエイジグループ、総合で表彰台に立つだけでなく、Surf City USA Marathonでは自己を記録更新など、そのまぶしい戦績が、彼女の日頃の努力を物語っています。また最近は柔術も始められたとのことで、今まで以上に溢れんばかりのバイタリティ、オーラが漂っています。そんな彼女から、ほんの少しでも実力以上の何かお力を授かれればとランチをご一緒させて頂きました。

(2年前にローカル誌でご紹介された彼女のプロフィール記事はこちらから、、、)

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村