春のお届けもの受け取りました。

春の訪れを告げるのは、梅や桜の開花宣言ですが、食い意地の張った私は違います。30年振りにfacebookで再会させて頂いた大学の先輩が、先日、ご自身で料理された”いかなごの釘煮”の写真をアップされていました。それに対し、確認犯的おねだりコメントを書き込んだところ、早速国際スピード郵便にて発送して頂きました。

2013-03-11 10.18.51

2年前にも同おねだりしたところ、お友達から百貨店でお買い上げ頂き、送って頂いたという前科もあり。この時期、関西人であることを有難く感謝してます。しかし、大阪で生まれ育った私が、いかなごの釘煮を正式に知ったのは、この5年前位で、子供の頃の記憶はあるものの、特に何を感じることもなく、季節を伝えたい母親の想いも伝わらない、大飯を食らうだけの息子でした。 そんな関西の奥様、お母様のいかなごの釘煮に対する愛情、熱意、材料、調味料、購入場所、購入時期などなどについてJOBBBにて馬場ファミリーの”よっちゃん”が熱く語ってくれています。

毎年、この時期にいかなごの釘煮をご家庭の食卓に出されているという先輩の、ご家族への想い、愛情を沢山お裾分け頂き、我が家にも春がやってきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

JOBBBとは関西では有名なラジオパーソナリティ馬場章夫氏、奥様のよっちゃん、次男の鉄平さん(最近は鉄平さんの奥様ツグミさんも参加)が家族で運営する日本国・大阪の馬場家から全世界へ向けて発信するちょっと変わったインターネットラジオです。是非、お聞きください。

http://jobbb.sakura.ne.jp/

Advertisements

6 thoughts on “春のお届けもの受け取りました。

  1. 私も大阪の人間なので、いかなごの釘煮が「文化」だということを長い間知りませんでした。ヨメが神戸出身なので、今はすっかり春の風物詩になっていますが。

  2. まことさん、奥様もいかなごの釘煮を作られるとのこと、羨ましい限りです。
    丁寧に愛情が込められているいかなごを頂きながら春を感じる、贅沢で幸せな時間だと思います。

  3. うちも母親が毎年作るいかなごの釘煮、こないだLAに住む友達の友達経由で日本から届きました。久しぶりに母の味を口にしたとたん、涙があふれました。春らしさはまるで感じられないロスカボスですが、釘煮とネットに掲載されてる桜を見ながら一人春気分に浸ってます。

    • Paquiさん お母様のいなかごの釘煮にはぎっしりと愛情が詰まっていることかと。
      LAやロスカボスで瀬戸内海の海の幸を味わえる我々は本当に幸せモノだとおもいます。

  4. Pingback: 最高に質素な夕食・いかなごの釘煮 | My Training 日記 第2章

  5. Pingback: 私にも春がきた、 | My Training 日記  第2章

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s