4月月次報告

Full Vineman対策のバイク強化月間。前半はFlamingo 自転車部強化合宿にも参加させて頂いたこともあり、充実したトレーニングでしたが、後半はフィットネスクラブのスピンクラスにはまり、実走距離が伸びず、目標としていた1000Kmには未達。Runはブリックトレーニングを取り入れ、5’30” – 6’00″/kmにて実践を想定した低速走行に努めました。最も苦手のSwimにもっと時間を費やすべきと分かっているのですが、、、、、いつもの通り、完全に遅れをとっています。

Bike:  827 Km
Run: 130.4Km
Swim: 15.8Km

FullVinemanへの申し込みも参加費が上る直前(昨日)に、済ませましたので、3ヶ月後のレースに向けて、トレーニングの強度を5月は今月よりも2割から3割増と考えています。

仕事の方は先月末時点で”遅延”が生じておりましたので、本来であれば、巻きなおして遅れを取り戻したかったのですが、諸事情を考慮し、目標修正、戦略変更します。その一案として、新業務を追加。5月第二週より、その業務を開始する予定です。(詳細は開始後、落ち着き次第、ご説明いたします)

hankiボストンマラソン爆発事件という忌まわしい出来事が発生した月でもあり、スポーツイベント、レースなどへの対策強化が叫ばれるなか、5月5日は地元でOCマラソンが開催されます。お亡くなりになった方への追悼大会になるかと思います、今回犠牲になられた皆様のご冥福、ご回復をお祈りすると共に、レースに参戦される皆さんのご健闘をお祈り申し上げます・

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Advertisements

PEACE RUN Spring 環瀬戸内海ランニングの旅

アドヴェンチャーランナー 高繫氏のPEACE RUNの環瀬戸内海のランニングの旅がはじまりました。今年9月にオーストラリア横断、ニュージランド縦断の旅へのプレイベントとしてとのことです。走り慣れた日本国内、何百キロと宿泊施設やお店が無かったり、電話、Wifiの電波が届かないということはない環境ではりますが、無事、完走されることをお祈りいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

あれから一週間、、、

ボストンマラソン爆破事件から一週間が経過。容疑者1名死亡、1名身柄確保という比較的早期に展開。アメリカ社会の恐ろしい部分にスポットライトが当たり、歴史ある象徴的なスポーツイベントがその標的となった。安全神話を信じる日本の人にとって、やっぱり映画やTV番組が現実に起こったと、911同様、出張や旅行を控えるようなことが起きなければ良いと思うのは私だけではないと思います。特にロサンゼルスは危険な街のイメージが高いですので、市政としては観光収入が激減しないよう、誠実に安全をアピールする必要があるでしょう。

2013-04-12 11.58.20

マラソンやトライアスロン、サイクリングなどのレースやイベントに参加する人は、テロや暴力に屈しないという強靭な意思をもっていますので、今回の事件が原因で、参加中止など毛頭ないでしょうが、ご家族にとっては安全で身近な国内レースに活動範囲を限って欲しいと希望されることもゴモットモかとも思います。そんな板挟み事情が更に加わり、米国遠征へ踏み切れなくなる可能性があるとお悩みの方、ご遠慮なくご相談ください。安心してお楽しみ頂ける秘策伝授いたします。

犠牲者の方のご冥福をお祈りし、本来であれば半旗を揚げるべきでございますが、屈しない気持ちを表す意味で、元気にたなびいている旗をアップさせて頂きましたこと、ご理解願います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

Stravaで日頃の腑抜けトレーニングを再認識

今回、監督のジョージさんに、無理を云って2回もFLAMINGO自転車部のロサンゼルス合宿の練習に参加させて頂き、貴重な体験から、自身のトレーニングを見直す機会を与えて頂き感謝の気持ちで一杯です。ご一緒させて頂いた際の内容をStrava.comにて見直すと、日頃どれだけぬる~いトレーニングに甘んじているかというのがイチコロで分かってしまいます。

OCride

Stravaの画面右上、赤い丸で囲んだところに、トロフィーの数が27と表示されています。これはこのコース内に設定された区間(自分で設定可能ですが、他のサイクリストが設定した区間も含め)で、過去の自分の走行データーと比較し、自己新記録なのか、または2番目、3番目の速さだったという表示をトロフィー獲得として表示されます。従って、このライドでは、27区間でいつもより速かったということを示しています。前回のライドではFLAMINGOの皆さんに加え、Hiroshiさんもご一緒されましたが、HiroshiさんのStravaデーターのトロフィー獲得数9個に対して、私は23個です。と云うことはHiroshiさんにとって、特に”頑張った!”という内容でなかったのが分かります。(その9個の殆どが単独自走の集合場所までに獲得)。HiroshiさんからStravaを御紹介頂いてから、単独ライドでも他の人とデーターを比較できるので、日頃から遊んでいるかのようなぬる~いトレーニング内容に私自身も気づいていたのですが、今回それがハッキリしたことで、気合を入れ直します。こんなにモチベーションを上げてくれるStrava.com皆さんもどうぞお試しください。(改めて他の機能も御紹介します。)

尚、910XTをお持ちのHiroshiさんはSWIMデーターをもStravaにて管理分析されてはります。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

美人エリートサイクリスト軍団 vs LAおやじアスリート @Santiago Canyon

FLAMINGO自転車部は尼崎にてアスリート向けにオリジナルヘルシーメニューを提供するRE-CAFEを拠点とし、ツールド沖縄国際女子、全日本選手権などで上位入賞、常勝を誇る美人サイクリストを量産する村上氏率いるエリート軍団。今回はその中から選抜された2名がロサンゼルスにて合宿中とのことで、われらがおやじアスリート会のエースHiroshiさんと、無謀にもトレーニングにご一緒させて頂くことになりました。

彼女達は到着後も時差、長距離移動の疲労と戦いながら、連日100Km以上の距離を消化、今後の海外遠征での上位入賞も視野に入れてのトレーニングメニューです。そんな状況を知ってか知らずが、Horoshiさんは霧雨がチラつく中、集合場所である私の自宅まで約70Kmの自走で、十分脚を暖めてから登場。

DSC_0773[1]

当日のルートは約120Km、前半フラット(Santa Ana River Trail)、中盤に坂道(Santiago Canyon -133号 )を混ぜ、後半は海岸沿い(PCH) という Hiroshiさんと私にとりましてはホームグランド。前半のフラットコースではまだエンジンがかかっていない彼女達に大人げない2名のおやじが交互に先頭を引くかたちとなりましたが、私は、坂に入ってから、トレイン最後尾にて千切れないように必死でもがき続けていました。その後、午後からご予定のあるHiroshiさんは合計160Km(単独70Km + 集団走行 90Km ) を走破され、アーバインのご自宅に向けて途中下車、運転手の居なくなった特急トレインを、ここから各停に格下げして私が先頭を引かして頂くことになります。彼女達の強みは、トップレベルで勝ち抜ける技術として、信号や一旦停止からの立ち上がり、低速走行からのトップスピードにシフトアップする早さです。いつもフラットなコースでダラダラと中速巡航を保っている私の貧脚では、彼女達にとってはストレス溜まりまくりであったかと思いますが、初めて走る道で、ルートが分からないということから、常に背後から無言のプレッシャーを発信され続けておられました、、、、、。

無事自宅に戻れた時は、トレーニングにお邪魔させて頂くという無謀すぎる厚かましさを反省しきり、、、恐るべし美女エリートサイクリング集団、、、、FLAMINGO 自転車部。

申し訳ございませんが、動画は私が唯一撮影できた上り区間のみで、スピード感が全く伝わらないものに仕上がってます。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

Triathlon LAB 2013 Season Launch Party April 13, 2013

TriLABParty

Redondo Beach店に加えSantaMonica店を開店してそろそろ3年位かと思いますが、competitor(Triathlon Magazineを出版している会社が配布している無料情報誌)では毎年優秀小売店として表彰されています。昨年からはじまったこのイベントは各メーカーが同店に営業マンを派遣し、ミニブースを設営したり、実車デモを行ったりと、レース前日のエキスポよりもジックリと情報収集できるイベントです。Partyということもあり、ビザやサンドイッチなどの軽食も用意されており、至れりつくせりの顧客サービスです。その中でも、各社の商品があたる抽選会はその景品の太っ腹さには驚かされますし、かなりの確立で何か貰えます。(昨年私はエアロヘルメットを頂きました)。トライアスロンを始めたばかりという方にとっては友達も増える機会となるでしょうし、今回は土曜日開催ということですので、お時間あれば、是非お立ち寄りください。

昨年の様子はこちらから、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

MACCA @ Huntington Beach Triathlon

2度のIronman チャンピオンだけでなく、輝かしいキャリア戦績を誇るMACCAことクリスマコーマックが、Triathlon LABのブースでサイン会をするということで、自転車で地元開催のHuntington Beach Triathlonへ、8時のレーススタートがどうやら、波(スウェル)が入ったとのことで、安全を期し、Swimコース修正。スタートを待つアスリートの中をウロウロしていると、一般アスリートに混ざり、ウェットスーツを着てスタンバイしているMACCAを発見。

IMG_6437

約400名の出場者の60%がトライアスロン初参戦、エリートもいるものの、手作り感が溢れる運営です。結果はMACCAが2位に5分以上も差をつけて、トップでゴール。2位とほぼ同時でとT2に帰ってきましたので、砂浜のランで実力通りの大差が出たということでしょう。先週御紹介のMatt Reedほどでないものの、トライアスロン界では比較的大柄な体格となる彼ですが、更にガッチリした(太った?)印象を受けました。しかし、愛想よく、誰にでも親しく振舞う性格は相変わらずで、前回に続きツーショットの記念写真撮ってもらいました。まるでプロトライアスリートの追っかけでもしているようで、写真掲載にはためらいもあったのですが、こんなことしか自慢することありませんので、ご容赦願います。

皆さんが本当に見たいレースの様子や会場の雰囲気はこちらからどうぞ、、、。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

失敗しないロングの水分補給メソッド

昨日に続きBikeネタです。意外にもまだ、私のブログのトライアスロンネタにお付き合い頂ける様ですので、私なりのロングディスタンスレースでの水分補給(ハイドレーションシステム)について御紹介します。あくまで私の感性と経験だけに基づいたものですので、参考程度に読み流してください。

2012-05-05 15.25.33ハイドレーションは3箇所です。ロードバイク同様シートチューブとダウンチューブにそれぞれとエアロバーに挟み込むタイプです(トップアスリートの間では挟み込むタイプではなく、そのままボトルを寝かせてホールドする台座タイプが流行ってますが、飲み易さから、ストロー突っ込み型の挟み込むタイプを愛用しています。左の写真)

サドル後部に2本装着可能なタイプ(XLAB, Profile Design)も試しましたが、乗降りに支障有り、ボトルが落ちる、バランスが高い部分になることのマイナス要素がエアロ効果と見た目のカッコ良さよりも大きい為、使用を断念。

まず、エアロバーに挟み込むタイプには水を入れます。少量を頻繁にストローで摂取するため、ボトルの抜き差し不要ですので、便利、安全、減速なしであることと、補給方法が上からボトルを突っ込むだけ(黒いゴムの蓋部分に切れ目があります)ですので、手際よく行えば、エイドステーションの区間内で、新しいボトルを受け取り、補給を完了し、ボトルをゴミ箱に投入後、もう一本ボトルを受け取ることも可能。注意として、ここをゲータレードなどに使用した場合、ハンドル周りがベトベトになる恐れがありますので、こぼれても支障のない水がベターです。

シートチューブは水以外の飲み物(ゲータレードなどのスポーツドリンク)用に使用、水分の過剰摂取による低ナトリウム血症防止対策です。エイドステーション到着時に半分しか残っていなければ、もったいない気持ちはありますが、新しいボトルと差し替えておくことをお勧めします。

ダウンチューブにはもう一本水のボトル、その使用用途はエアロバー差込ボトルへの補給用とするか、体温を下げる為の水浴び用または、ジェル系の補給食でベトベトになった手を洗うための水として利用します。空いたボトルは投げ捨てできませんので、空きボトル保管スペースとしても利用。ロングでもこの3本のボトルで次のエイドステーションまで区間を繋ぐには十分賄えると思いますが、エイドステーションではバナナなどの補給食も受け取りたいところですので、先行する自転車や手渡ししてくれるボランティアの方との接触には細心の注意が必要となります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Bikeトレーニング

今月からトレーニングはBike中心にシフトし、距離を積むメニューとすべく、走行速度はさておき、ボチボチ漕いでます。

2013-04-03 17.55.01Bikeのトレーニングは、公道を避け、お決まりのフラットな自転車専用道路(Santa Ana River Trail )を単独で距離を稼ぐのが私のトレーニングです。PCH で自然発生的に集団走行を試みたこともありますが、高速巡航に付いて行けず、すぐに千切れてしまうことから、孤独を楽しむこととしていますが、最近、数キロから数十キロ追走されることが度々発生。今までであれば、途中で追い抜かれたり、こちらが完全に失速し、シラ~と終わるのですが、この数回は私が最後まで(どちらかが道を外れるまで)引っ張ることが多く、”Thank you for the lift” やら、”Thank you for the ride”などの言葉を掛けられることもしばしば、

また、ロング対策として、補給食摂取の練習を入れるようにしています。レースではある程度のカロリー概念はあるものの、いつもその日の調子に合わせて場当たり的に食べたいモノを食べるので、できれば、効率的に180Kmのフルコースメニューを確立できればと各補給食を試食中です。

写真はここハンティントンビーチで開催(4月6日8時スタート)されるHuntington Beach Triathlon の告知ポスターです。いまどき、参加費が$75というのは主催者側の利益を度外視した結果、加えて、MACCAことクリスマコーマック(Ironman KONA2度優勝)も顔を出すとのこと。Swim-1/2 Mile, Bike- 10 Miles, Run-2 1/2 Milesのスプリントディスタンス、Runは砂浜、直前でも申し込み可というのも、なんとも気になってます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

3月月次報告

早いもので、もう4月、、、、。2013年第一四半期が終了。日本では3月末をもって年度末が終了するということもあって、年末年始同様に一年の節目となる月末でした。トレーニングは今年最初のレースとなるLA Marathonの為、テーパーとレース後の回復期もあり、距離、時間共に大変お粗末な数字ですが、レース(LA Marathon) は、テーマであった、昨年のリベンジを果たしたことで、取り敢えず善しとさせて頂きます。

Bike: 14h 05m  – 431.3 KM
Run: 12h 57m 41s  – 139.7 KM
Swim: 2h 29m  – 6000 M

一方、仕事につきましては、3月末の年度末を意識し、確実に実績を残されている方や、新しいお仕事に挑戦するなど、準備を怠らず、キッチリと4月1日の新年度を迎えられているお友達の多い中、私は先月からの遅延を引き摺るだけでなく、不勉強、準備不足と相俟って、進捗率20%程度となっています。また、ある進行中のプロジェクトも意識的にタイミングを計るということが、結果的に月ズレとなっていますが、これは今後のこともあり、焦らず進めたい案件です。facebookのページも3月末時点で100人のいいねを目標としておりましたが、未達です。

2013-03-25 10.02.36

4月は、仕事の遅延を取り戻すことを再重点木目標とし、トレーニングに関しましてもVinemanに向けて、Bikeを中心に、距離を積み上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村