Stravaで日頃の腑抜けトレーニングを再認識

今回、監督のジョージさんに、無理を云って2回もFLAMINGO自転車部のロサンゼルス合宿の練習に参加させて頂き、貴重な体験から、自身のトレーニングを見直す機会を与えて頂き感謝の気持ちで一杯です。ご一緒させて頂いた際の内容をStrava.comにて見直すと、日頃どれだけぬる~いトレーニングに甘んじているかというのがイチコロで分かってしまいます。

OCride

Stravaの画面右上、赤い丸で囲んだところに、トロフィーの数が27と表示されています。これはこのコース内に設定された区間(自分で設定可能ですが、他のサイクリストが設定した区間も含め)で、過去の自分の走行データーと比較し、自己新記録なのか、または2番目、3番目の速さだったという表示をトロフィー獲得として表示されます。従って、このライドでは、27区間でいつもより速かったということを示しています。前回のライドではFLAMINGOの皆さんに加え、Hiroshiさんもご一緒されましたが、HiroshiさんのStravaデーターのトロフィー獲得数9個に対して、私は23個です。と云うことはHiroshiさんにとって、特に”頑張った!”という内容でなかったのが分かります。(その9個の殆どが単独自走の集合場所までに獲得)。HiroshiさんからStravaを御紹介頂いてから、単独ライドでも他の人とデーターを比較できるので、日頃から遊んでいるかのようなぬる~いトレーニング内容に私自身も気づいていたのですが、今回それがハッキリしたことで、気合を入れ直します。こんなにモチベーションを上げてくれるStrava.com皆さんもどうぞお試しください。(改めて他の機能も御紹介します。)

尚、910XTをお持ちのHiroshiさんはSWIMデーターをもStravaにて管理分析されてはります。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

Advertisements

4 thoughts on “Stravaで日頃の腑抜けトレーニングを再認識

  1. 女性が参加し何時もより力が良い意味で入った様で内容の濃い練習が出来たみたいですねw
    自分自身の区間ペースの比較が出来るのはイイですね。
    日本にもあるのでしようか?…無いですよね(^_^;)

  2. Hideさん、 日頃単独トレーニングしかしない私にとって集団走行(それも皆さん私よりもレベルが高い)は大変刺激的で、勉強になりました。Stravaはどこでも利用できます、スマホでもガーミンでもGPSデーターを落とし込み、過去のデーターと比較してくれます。日本の友達も使ってますので、お試しください。但しコース設定はご自身で設定して頂くことが必要かと思います。

  3. Masaさん、実はスイムデータはほんの最近サポートが始まりました。これで私も「亀スイム」ばかりしていられなくなりました。スイムも気合入れないと… 結局、Stravaは自分にプレッシャーがかけられるから、いいのだと思います。

  4. Hiroshiさん Stravaの御紹介本当にありがとうございました。データ分析、比較などGarminConnectでは不満だったポイントを見事に解決した素晴らしいサイトです。今後も益々強化されるようで、楽しみです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s