悶絶TT @ Pacific Coast Hightway

facebook のチャットで、Hiroshiさんとの合同ライドが急遽決定。私が午後から所用ありということで、全行程をご一緒することができないもの、おやじ会のエースHiroshiさんとのライドとなれば、全身に緊張が走ります。

strava

Hiroshiさんからstrava.comのサイトを御紹介して頂いたということもありますので、同サイトの機能でもあるサイドバイサイドの比較表です。この画面では走行距離のみの比較となっていますが、走行速度では私よりもアベレージで5km/hは速く、OC日本人ライダーではトップの超高速ライダー。

前回のフラミンゴ自転車部との合同ライドの際にも終始先頭で引っ張って頂いたのですが、今回はトライアスロンバイク(Felt B16) でご登場。最初の向かい風の区間(Back Bay)から軽く30km/hオーバーです。PCH(Pacific Coast Highway) に入ってからは、車との並走となり、大変不愉快な区間となりますが、もう一人のトライアスリートが加わり、即席TT(タイムトライアル)開始。一応、私も含め3台のTTバイクが、45km/h オーバーでガンガン踏みます。何度か信号にてストップするものの、PCHの区間(BackBay-Sunset Beach Blvdの約25Km)を平均35Km/h 走行。Strava.comでもトップ10にランクイン。私はそんな高速ライダーから千切れそうになりながらの悶絶、決死の動画撮影。

その後HiroshiさんはSan Gabrile River Trail で距離を伸ばし合計130Km、、、恐るべし脚力。今年参戦を予定されているOrangeManでは上位入賞されること間違いなしです。

Hiroshiさん、昨日はご指導ありがとう有難うございました。またお誘い願います。

ビデオででは超高速走行部分が撮影されておりませんが、少しでも雰囲気が伝わればと、、、また最後には男性のお尻以外のサービス画像あり、、、。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Advertisements

3 thoughts on “悶絶TT @ Pacific Coast Hightway

  1. 「悶絶、決死の動画撮影」と言いながらも、我々を軽~くパスし、前からの撮影とは、かなりの余裕が見受けられました。さすがアイアンマン。是非また一緒にトレーニングお願いします。今度は100マイル位行きたいですね。

  2. Hiroshiさん、動画撮影の最高の技術を駆使したんですが、これほど危険を感じたのは初めてです。やっぱりGoPro買わんとあきませんなぁ、、。
    次回はSan Gabriel River のSanta fe Damを越えて、210をくぐって、39号でMorris Damまで行きましょう。帰りの向かい風が怖いですが、、、

  3. Pingback: オヤジセンチュリーPart2 | My Training 日記 第2章

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s