Surf City Surf Dog

ハンティントン・ビーチがサーファーにとってのパラダイスである、、、、そうなんです、お犬様にとりましても、、、、、、。

いつもはドッグビーチは散歩や水遊びを楽しむ愛犬家達で賑わっていますが、本日はお犬様のサーフィン大会が開催されていました。 3日間開催のイベントではサーフィンコンテストは勿論のこと、コスチュームコンテストや里親探しなども開催。 サーフィン大会は日頃の練習(?)の成果を発揮すべく、果敢にビッグウェーブを攻めていました。 また今流行のウェアブルカメラ(お犬様用のハーネスにカメラを装着)でその勇姿をビデオに収めている姿も、、、、DSC_0099[1]

愛犬家のみなさんの溺愛っぷりは世界共通です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

Bolsa Chica Ecological Reserve

ハンティントン・ビーチには自然が溢れています。広々とした海岸とその海岸沿いの公園はサーファーにとってのパラダイスですが、ランナー、サイクリストにとっても文句のつけようのない素晴らしい環境です。

そんな海岸線とPCHを挟んで反対側に広大に広がるボルサチカ ウエットランド(自然保護区)は海水と淡水が混ざった湿地帯で、昨年は、迷い込んだイルカが無事に海にもどったことがニュースにもなりました。この地域の歴史は古く、8000年前の原住民、スペイン統治下、石油採掘時代などなど、私にとってのパワースポットです。日頃はバードウォッチング(オレンジカウンティで生息が確認されている420種の鳥の321種はここでもその生息が確認されています。)や散歩など、ゆっくりと自然を楽しむ所ですが、本日はプチトレイル気分でジョギングを楽しんできました。

ビデオでは、一箇所落書き(グラフィティ (graffiti) )、隣接する高級住宅やサービスショットが映し出されますがこれもご愛嬌かとお許し下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

I Love You と言ってみた後、、、

4歳の時に渡米、米国の公立学校での教育しかうけていない娘は先月末から高校生。そんな娘の言語、思考、生活は私が考える以上にアメリカン(非日本人)であり、私の持つ価値観とは全く異なるであろうと思われます。

私は昭和生まれの一般的な男性よりも、口数が少なく、感情を表に表さないという欠点もあり、愛情表現が極めて下手です。しかし、そんなことではアメリカンな思考回路をもつ思春期の娘とは友好な親子関係は維持できないのではと考えることもあり、少し前から、電話を切る時などに勇気をもって”I Love You” と云うようにすると、娘も”I love you, too”と返事をしてくれています。

今後、ボーイフレンドや恋人ができ、”I Love you”と男性から言われることもあるかと思いますが、父親という男性からも愛されているという実感をもってもらいたい、そんな父親の存在を感じてもらえればというささやかな想いです。

そんな事が背景にあってか、最近、父娘関係も今まで以上に良好で、食事や買い物とデートの相手をしてくれていると思いきや、どうやら単に娘のアッシー君兼財布代わりとなってしまっているようです。

多感なお年頃、流行りのファッションに興味があることは大変自然なことですし、父親らしいことをできていないことを考えると、お相手頂いていることだけでも、楽しませて頂ければとも思う次第です。

すんません、親馬鹿ネタで、、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

IKEDA+ビデオ上映会(おやじアスリート月例会)

今年1月より毎月開催、文字通り月例が定着していたのですが、先月初めて開催されず、今月はど〜なってるのですか?!というお問い合わせもあり、久しぶりにハンティントン・ビーチのIKEDAさん(Yelp 堂々の4.5星)にて開催。オーナーシェフKazuoさんの芸術的コンテンポラリジャパニーズのコースメニューはワインとの相性、我々の腹ペコ具合を120%満足させ、更に財布へのダメージも最小限。 今回初参加のメンバーも度肝を抜かれておられました。お食事を楽しませて頂いた後は、以前の様にお店の閉店準備のお邪魔にならないようにすみやかに撤収、ほぼ強制的に2次会会場に誘導。

2次会会場では、最近購入のChromeCastのご紹介を兼ねてビデオ上映会開催。その優れモノはYouTubeなどインターネットの映像(動画)をワイヤレスにて受信、テレビモニターに映し出すもので、今までパソコンや携帯でしか観れなかった映像が大型モニターの解像度(HD)にて楽しめるものです。据置型ゲーム機などで同様の機能もありますが、このデバイスは小型で価格が$35という安価です。

皆さんとご一緒した際の映像やレース、大会などの動画をご覧頂き、撮影方法や編集などに関してのご意見を頂きました。 プロやトップアスリートも、そのフォームなどの研究にビデオを参考にしているとのこと、特にスイムでは動画撮影サービスなるものを提供しているところもあるとのこと。 今後も、旅やレースの思い出、ワイワイと皆さんで楽しんで頂ける動画の撮影、編集に努めてまいります。

ご用命あれば、、、、こちらまで、、、とセールストークっぽいブログの内容になってしまいました。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

潜伏中?それとも読書の秋?

ここ数日ブログの更新をサボっております。 JogNote, Stravaも同様です。 あまり更新していないと皆さんに忘れられてしまうのかと思い、ブログだけは、、、、

フラミンゴ自転車部の総監督ジョージさんがこちらに来られる際に、いつもお土産を頂きます。(過去には、フラミンゴ自転車部のピンクのチームジャージや先月はお誕生日プレゼントとしてオリジナルデザインのチームジャージをメンバーの分も含め5着も!、、、ジョージさん、今後はもう決してお気遣いなさらずに、、、、)

今回のお土産は2冊の本で、この2冊を外出時用と自宅用で並行して読書中。皆さんの記憶にも新しいかと思いますが、あのランスアームストロングの不正薬物使用の暴露本といも言えるSECRET RACE、もう1冊は、正統派ツール・ド・フランスの解説書です。数年前までは自転車とは全く無縁の私ですが、この2冊でますます自転車の深い魅力に吸い込まれていきます。

TDF (1)

secretrace (1)

Pan y Agua (パニアグア)というスペイン語は、直訳するとパンと水と云う意味で、プロサイクリストの間では不正・禁止薬物使用をしないで自転車を漕ぐという隠語、文字通り、最小限の補給食の摂取で、長期間にわたるロードレースに挑むことです。そんな隠語があるほどトップサイクリストと薬物使用の関係が自転車業界の歴史であるとも本書(シークレットレース)は述べています。

ランスアームストロングをはじめ、多くのプロサイクリストが薬物使用に至るその深層心理と体の変化の過程を克明に自身の体験談から記述しているのは、自転車に乗らない人でも、ノンフィクションとして十分楽しめる内容です。

一方、長年サイクリング雑誌の編集に携わってきた山口和幸氏著のツール・ド・フランスは歴史レースやレジェントと呼ばれるサイクリストを客観的に紹介されており、前書とあわせることで、裏表の両面から自転車業界を知ることができます。

10月26日(土)、世界で初めて、Le Tour de France(ツール・ド・フランス)の冠をつけたレース(いたまクリテリウム)がさいたま市で開催されます。注目の選手も参加するとのこと、日本でも一時の過熱ブームは過ぎたものの、まだまだ、自転車人気は続いていきそうですなぁ、、

ジョージさんありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

Macbook Air vs Chromebook

design

最近、我が家では2台のコンピューターを購入。1台は娘の高校入学祝&誕生日プレゼントとしてMacBook Air、もう一台はChromebookです。

娘の携帯電話はiPhone、私はアンドロイド(Sony Xperia )ということからも、更にアップル対グーグルの家庭内抗争が激化、、、という訳ではなく、単に予算の問題です。

ウィンドウの低価格版にするべきか迷っていたのですが、この際、興味本位でChromebookをお買い上げというだけです。Macbookにつきましては、今更私がレビューを書く必要もなく、また娘が独占的に使用していますので、私の手が触れることもなく、、、。

Chromebookは写真のサムソン製のMacbook酷似モデルがありますが、私が選択したののは最安値$199のAcerC7です。サムソン製の酷似モデルも魅力があったのですが、モニター(VGA)を接続し、デュアル画面で利用することもあることから、こちらに決定。

長年のウィンドウユーザーとしては、操作性と周辺機器接続の親和性が気になりますが、予想通りUSB接続できる周辺機器につきましては、マウスやキーボード、外付けHD,メモリーカードなどは大丈夫ですが、ガーミンや私の携帯電話(前述のソニーのエクスペリア)などは、そのまま認識しないものもあり現在いろいろ試しています。

まあ、私のような非クリエイティブ、非技術系の人間にはどんなパソコンでも十分なんですが、娘には、その機能を最大限に利用していただきたいものです。

上の写真をクリックすると、この2機種を比較評価した記事となります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ジョージさんとのご一緒ライド@パロスバーデス

ご出張中のジョージさんに急遽お願いし、ジョージさんのホームコースであるパロスバーデスを筋金入りアイアンマンことジミーさんとご一緒させて頂きました。
下のマップが示す通り、海岸沿いからの絶景+盛り沢山な坂を楽しむというもので、サウスベイエリアに限らず、ロサンゼルスのサイクリストの間では大変人気のコースです。当日はトーランスからレドンド・ビーチ経由にて頂上近くまで行き、そこからUターン。レドンド・ビーチにて特製カレーライスに舌鼓を打つなんとも贅沢な時間。典型的なロサンゼルスの晴天にも恵まれ、おやじアスリートが仲良くお揃いのチームジャージで走る姿はさぞかし、微笑ましい光景だったのでは、、、、。

undefined.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

8月月次報告

7月末のレース後、完全にシーズンオフに突入。トレーニングは完全オフ状態。日本では歴史を塗り替える記録的猛暑の中”走る”という危険行為は避け、終始クーラーの効いた室内で飲み食いを続け内臓強化(特に肝臓への負担大)に集中。来年のレース予定をどうするか、トレーニングをどう組み立てるか?そろそろ具体的に計画していかないと、このままオフシーズンを続けてしまいそうです。

DSC_2628[1]仕事の方ですが、月初に人生初の100 Mile ウルトラトレイルマラソンを体験(といいましてもサポートをさせて頂いただけですが、、、)その異次元の世界のごく一部を垣間見させて頂き、新鮮な感動を受けました。日本滞在中は、お盆休暇というお忙しい時期にもかかわらず、皆さんには貴重なお時間を頂戴し、日頃お世話になっているお礼とご挨拶のお時間を頂き、また加えて、それぞれの業界の重鎮、キーマン、Raising star、異端児(?)などなど新しいお友達を御紹介頂き、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

米国では9月から新学期が始まります。娘も高校生となり、アドヴェンチャーランナー高繁氏もパースからオーストラリア横断の挑戦に旅立たれました。私も今までの遅れを取り戻すべく、頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村