I Love You と言ってみた後、、、

4歳の時に渡米、米国の公立学校での教育しかうけていない娘は先月末から高校生。そんな娘の言語、思考、生活は私が考える以上にアメリカン(非日本人)であり、私の持つ価値観とは全く異なるであろうと思われます。

私は昭和生まれの一般的な男性よりも、口数が少なく、感情を表に表さないという欠点もあり、愛情表現が極めて下手です。しかし、そんなことではアメリカンな思考回路をもつ思春期の娘とは友好な親子関係は維持できないのではと考えることもあり、少し前から、電話を切る時などに勇気をもって”I Love You” と云うようにすると、娘も”I love you, too”と返事をしてくれています。

今後、ボーイフレンドや恋人ができ、”I Love you”と男性から言われることもあるかと思いますが、父親という男性からも愛されているという実感をもってもらいたい、そんな父親の存在を感じてもらえればというささやかな想いです。

そんな事が背景にあってか、最近、父娘関係も今まで以上に良好で、食事や買い物とデートの相手をしてくれていると思いきや、どうやら単に娘のアッシー君兼財布代わりとなってしまっているようです。

多感なお年頃、流行りのファッションに興味があることは大変自然なことですし、父親らしいことをできていないことを考えると、お相手頂いていることだけでも、楽しませて頂ければとも思う次第です。

すんません、親馬鹿ネタで、、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Advertisements

4 thoughts on “I Love You と言ってみた後、、、

  1. いい、親子関係が出来ているようですね。日本人にも良い点、悪い点がありますが、米国人にも同様の長所短所があるので、御嬢さんにはその点をわきまえた大人になってもらいたいですね。
    娘から見た父親というのは父としては90点、夫としては50点くらいらしいです。

  2. 大谷さん 素敵ですよ!!日本人の男性、お父さんで ”I love you”と言える方はかなり少ないと思います 我が家は息子、今年からアメリカの大学生です 彼はアメリカで生まれ3歳までここにいましたが その後は日本 そして10歳から14歳までマレーシア その後またここ LAに来ました 3カ国の教育を受けた彼ですが かなり固い真面目な日本人のおじちゃんのような考え方の男の子になっています でも今でも私と毎日ハグします 日本人らしさを失わず アメリカの良い点も 見習っていきたいですよね

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s