LSD+一人鍋の感謝祭

巷ではLSDが無益か有益か、または、有害、無害の話題で溢れていますが、私の今までのロングのレースの悪いクセはランのある程度の距離(21〜30Km)を経過した時点で、残り時間を計算し、”よく頑張った!”と勝手に脳が自己自賛モードに入り、容易に歩きモードを容認してしまうことです。

昨日も、とあるイケメンアスリートさんの180分LSDメニューを真似して、突発的に走りだすものの、最後はガス欠なのか、やる気がなくなるのか、足が売り切れます。

この悪いクセを完治するためには、LSDはどうやら私には必須トレーニングメニューかと、、、、、

昨日はサンクス・ギビング。美味しいものを腹一杯食べても良い日ということで、寂しく一人鍋祭り開催。LSDにて燃焼したエネルギー以上のカロリーを摂取したのは破損した筋肉を再生させるため、、、、、と勝手な理論で、腹一杯。

zosui2

chigesUNDOBU

 

Advertisements

4 thoughts on “LSD+一人鍋の感謝祭

  1. 私はLSDをする時によく、一緒に走る人に「ゆっくり長く動き続けることで毛細血管が増えるらしいんですよ。毛細血管が増えるということは、本チャンで筋肉の隅々まで酸素が運ばれるということでしょ。これはスピード練習では得られないらしいんですよ。」と説明します。
    そういう意識でやると、すごく大切な練習をしている気になりますもんね。

    • まことさん、、なるほど、、、。それぞれの」トレーニングに意識、目的をもって臨むべし、、、ということですなぁ、、、、、。なんとなくトレからの意識改革目指します。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s