おやじセンチュリー II DQ

夏のフルディスタンストライアスロン参戦に向けて、各自のトレーニングが順調に進んでいるかということを確認する為の楽しいイベント”おやじセンチュリライドII”が開催されました。前回のセンチュリーライドでは、私の個人的な事情から100マイルに達しなかったという反省もありますが、今回も100マイルライドに怖気づいた私は、前日に、参加距離の大幅短縮を申請する始末、、、、、。

Hiroshisan初めましての新メンバーHideさんと待ち合わせ場所でご挨拶していると、病み上がりのHiroshiさん登場、3人で雑談しているところに試験官のJimmyさん登場。当初は、私だけ1時間程でUターンして退散する予定でしたが、1次会の飲み会終了後、2次会に引っ張らて行くが如く、そのまま走ることに決定。いつもはその爆走を誰も止めることができないエースモンスターHiroshiさんも抑え目のペースで4両編成の先頭トレイン役を務められます。サンティアゴキャニオンで絶景を楽しませて頂き、本来であれば、100マイルに足らない距離を最後に積み込めばセンチュリーライドは達成されるのですが、向かい風にイジメられた結果、そそくさと尻尾を巻いて帰宅。その後の焼肉大会に備えます。そんな強風の中、男を見せたのがAkiraさんです。出足が遅れたことで単独走となったものの、完全AWAYのOCルートで道に迷いながらの100マイル走破。素晴らしいです。

反省会?という名目で、ガーデングローブの韓国焼肉屋で再度集合。食べ放題で、普通の大人が1週間で消費するであろう肉の約2倍以上を完食。お店のおにーちゃんもその食いっぷりに絶賛してました。

お恥ずかしながら100マイルはDQ(Disqualify) ですが、焼肉大会では実力以上を発揮させて頂きました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Huntington Beach Sister City Japanese Cultural Festival

ここハンティントンビーチは、1982年より安城市と姉妹都市提携の間柄です。過去には、中高生の短期交換留学(現在は市予算減の為中止)や、嵐で破損した桟橋の復旧費用として10万ドルの寄贈を受けたり、また、2002年には記念の桜50株をセントラルパークに植樹していただき、交流を深めてきたようですが、今年初めてCultural Festivalなるイベントが開催されました。

その桜が咲くタイミングで開催時期が決定されたと思うのですが、日本と異なり、満開の時期はいつ?という位ダラダラと咲き続けるので、本日もそれなりの見頃感はあるものの、ダイナミックに咲き乱れるという満開イメージには程遠い咲きっぷりでした。

イベントには欠かせない食べ物屋さんのブースも長蛇の列。ロサンゼルスマラソンで、いつもお世話になっている和太鼓のパーフォーマンス(グループは異なると思いますが、、)をじっくり堪能させていただきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

Ironman 70.3 EXPO+ボランティア

Ironman 70.3 シリーズは日本は常滑でも開催され、世界各地60箇所以上でWTC(World Triathlon Corporation)が開催するIronmanブランドの人気レースです。2006年からこのシリーズがブランド化され、Oceansideは同シリーズ最初のレースとして位置づけられています。70.3の名前が表す通り、Ironmanの半分の距離であることから、夏に参戦予定のIronmanディスタンスレースへのトレーニングの一貫として、または、翌年Ironmanに挑戦したいというIronman予備軍も沢山エントリーしています。

ボランティア開始までの時間までにEXPO会場を視察しましたが、例年と比べると少し出店ブース数が少ないような、、、、FELT、SHIMANOなど南カリフォルニアに拠点を持つ地元常連メーカの姿も見られませんでしたし、お世話になっているTriathlon LABも出店を見送った様ですが、新しいメーカーやその他業者の出店もあり、大幅減ではありませんので、ご心配なく、、、。(EXPOの様子はこちらから)

DCIM101GOPROボランティアはレース前に各参加者がBIBやタイミングチップなどをピックアップする受付会場にて、参加記念Tシャツをお渡しする担当です。レース中でないので、各参加者もピリピリした緊張感はないものの、積み上げてきたトレーニングの成果を出すべく気合十分です。偶然に東京から参戦されている方もおられ、頑張って下さいと、Tシャツをお渡ししました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Garmin VIRB+fēnix™ 2

先週末開催されたBig Brick Part II 終了時にGPS装備無しで参加の私を見兼ねた、Jimmyさんが、もう今は使用していないFR205を安く譲って頂けるというお申し出があり、少し考えさせて下さいとお返事しました。

恐らく私が即答できなかった理由は910XTや310XTのマルチスポーツタイプが欲しいという本心もありますが、同社が発売しているアクションカメラVIRBにも、大変興味があります。カメラそのものの機能というよりもアクションカメラの動画内にGPSデーターを取り込み表示ができるという点は、トレーニングやレースなどのデーター分析には威力を発揮すると思われます。

このアクションカメラとペアで使用するデバイスとしてはfēnix™ 2が発売されています。マルチスポーツGPS+VIRBのコントローラーとして使用できるという優れモノ。

fēnix2

まあ、2つ一緒にお買い上げするとなると$800以上もの出費を覚悟しないといけませんので、当面は物欲大王も降臨してこないと思いますが、、、、、。

加えて、VIRBの編集ソフトはPCまたはMacにダウンロードするもので、私の使用するChromebook では対応できないという実情もありますし、、、、。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Ironman 70.3 Oceanside 参加します、、

今週末29日にここ南カリフォルニアにて開催予定の Ironman 70.3 Oceanside。 トライアスロンシーズンインとなるタイミングから,プロ、エイジを問わず、大人気の大会に急遽参加を決定しました。

13im703cali run2 1600

と言いましても、ボランティアとしての参加です、(すんません、お騒がせしまして、、、)お友達のHiroshiさんにとってはハーフディスタンス初挑戦という記念すべき大会でもあり、こちらもソワソワしていますが、まあ、私が心配しなくても好成績でゴールされると思います、、、

本来は日本からもお友達が参戦される予定だったのですが、お仕事のご都合で無念のDNS。というこどで、昨年に引き続き、オフィシャルショップでのアイアンマングッズの買い物リクエスト受付中です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Craig Alexander 勇者引退

先週末に開催されたIronman Melbourne で5位に終わったクレッグアレキサンダーが引退を表明。3度のアイアンマンチャンピオンに輝くプロトライアスリート人生に終止符を打った。

Craig私がロングディスタンスのレースに向けてトレーニングを始めた頃、2008, 2009, 2011年とコナで優勝、名実共にトップアスリートとして君臨。オージを絵で描いたような陽気なMACCAとは対照的に、私には精密機械の様に綿密にレースを展開、シッカリ、キッチリと実績を築き上げる仕事人としての印象があります。しかし、そんな私の勝手な印象とは裏腹に彼のホームページにも記載の通り、家族第一主義で、引退に際しても、その陰で支えてくれた奥様に謝意を表しています。

41歳での現役引退。トッププロトライアスリートの引退後の生活というのがどのようなものになるのか、大変興味があります。今まで通りのトレーニング量やレース数を維持するとは思えませんし、スポンサー契約がどのようになるのか、私が心配する必要は全くないことですが、決してメジャースポーツとは言い難いトライアスロンのトッププロがどのように素晴らしい充実した第二の人生を送るのか、、、、、、まずは、お疲れ様でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

ON / RUN ON CLOUDS

Akiraさん、お探しのONに関する情報です、、、、

ON

元トライアスリートでコナでもトップ5入りの実績のあるオリヴィエ  ベルンハイド氏が共同設立者かつ、開発者であるということからか、今、トライアスロン界で旬のシューズ。着地の衝撃を吸収するだけでなく、その反発力を推進力に変えるという魔法の技術クラウドテックが特徴。

トライアスリートに”自然な走り”を引き出すのがクラウドテックと、LUMINA 11月号 ”トライアスロン ランをもっと強く” の特集記事にて宮塚氏とベルンハイド氏の対談が取り上げられています。

ランナーのレビューでは、”柔らかい”という感想が多く、概して高評価を得ています。先日LAマラソンのモニターランナーとして日本からお越しの女性が偶然にもOn愛用者、ゴール直前の直線を”自然な走り”で疾走されています。彼女はサブ4の脚力をお持ちですが、一切フォームが乱れていないのはクラウドテックの成せる技かもしれません。また、また偶然ではございますが、彼女の主催するイベント”駒沢公園ミニ駅伝&フレンドシップラン”にてONの試履ができるとのことですので、是非参加されては如何でしょうか?イベント情報はこちらから、、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

24時間走れますか?どうでもエエ裏話

①エントリーすることを決心したのは、フルディスタンストライアスロンのラン後半で歩きが入ってしまう悪い癖をなんとかするのが本来の目的だったんですが、その点だけを考えると、全く効果なしということです。仮眠のつもりで、爆睡したり、周回コースに設置した私設エイドステーションで小休止を繰り返すという、依然としてなんとも根性なしです。

②ボランティアとしてUSTREAM の配信担当として参加。主催者も新しい試みとして数年前から企画するものの、人手不足という状況から見送ってきたようでした。学校という規制のあるインターネット環境で、使用できる機材も限られ、最低限の配信となりましたが、視聴者数もそこそこで(彼らの予想以上、私の期待以下)、今後に期待できる実績となったようです。

Rocktape③テーピングは非常に効果ありました。膝から始まり、背中、首と引越ダンボール状態となりましたが、それがレース後半〜レース後も全く筋肉疲労を感じさせない結果となりました。今後も積極的取り入れたい。(そんな長時間トレーニングしてませんが、、、、)今回使用はROCKTAPEです。

④結果的には途中で靴を履き替えることなく、最後まで、HOKAだけで走りました。他の靴で走った場合の比較ができませんが、少なくとも新しい靴だったということもあり、失策(高い買い物)ではなかったとホッとしています。

⑤私設エイドステーションと補給食は大幅改善が必要です。今回持ち込んだ補給食はカップヌードル3個とバナナだけで、専ら主催者が用意してくれた補給食で対応しましたが、塩分補給用のポテトチップがなく、加えて、贅沢にもオレンジなどの柑橘系果物も食べたくなったりしました。これで少しはサポートがどうあるべきかという基本だけ少しは理解できたような感じです。

⑥帰宅後、シャワーを浴び、仮眠をとった後、自宅にてお友達を呼んで焼肉食べました。これは、このレース参加とは全く別に予定していたもので、失礼を覚悟でお招きし、ホスト代役のお助けもあり、なんとか無事に、お集まり頂いた皆さんと楽しい時間を過ごさせて頂きました。

まあ、ほんまに、どうでもエエ裏話です。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

24時間走れますか?

昔、24時間働けますかと、企業戦士をパロディ化したCMがありました。当時はモーレツサラリーマンで24時間働いた世代も年齢と共に、、、、、。そんな昭和生まれのオジサン達が、今はウルトラマラソンに熱中していると聞き、どんなものかと試しに行ってきました。

日本では、”大人”がメインターゲットのウルトラマラソンですが、私が、今回参加させて頂いたのは、少し捻りを利かし、アメリカの社会問題でもある子供の肥満問題に対する啓蒙活動を行っている100 Mile Club主催のRun4Kidsというイベントです。主には、子供向けのイベントですが、ウルトラランナーも多数参加、募金活動に貢献。24時間の部は強者揃いです。

(レース直前、参加条件である募金額が未達で、泣きを入れたところ、心よく募金にご協力頂きました皆さんに、この場をお借りしてお礼申し上げます。)

DCIM101GOPRO24時間という制限時間で、私がどれだけの距離を走ることができるか、見当もつかなかったので、具体的な目標も設定しないままに開始。ボチボチとフルマラソンの距離を走り終わった頃、お約束(?)の熱中症。30℃という気温と熱風にいじめられ、ここまでかと思いながら、メディカルチームから水分補給やマッサージ、テーピングなどを施してもらい、戦線復帰。

今までに、フルマラソン以上の距離を走った経験もなく、長距離対策トレーニングらしきものをしていなかったのですが、お友達夫妻の応援もあり、復帰後の足取りは軽く(と言いましても他のウルトラランナーとは比較にならない程遅いですが、、、)、40、50マイルと距離を伸ばし、ダブルフルマラソン完走。

12時間を経過後(夜の8時)は子供の部、12時間の部が終了し、24時間の部のランナーだけとなり、満月の下、黙々と走るランナー達の周回走行速度が速くなったように感じられます。

なんとかなるかなぁ〜という感じで、自分の中で次のマイルストーンとして設定した100Kmを走破。主催者であり、100 Mile Club代表のKaraから”仮眠テント”ご用意していますと、甘い囁き、、、一切躊躇することもなくお言葉に甘え、爆睡。いつもの時間に携帯電話の目覚ましが鳴っても知らんぷり、、、そろそろ起きて下さいと、スタッフに起こされるまで寝ていた自分が何とも嫌になります。

私が爆睡中にも、他のウルトラランナーは距離を伸ばすべく、最後の最後まで、全力で走り続けています。早朝にもかかわらず応援に来てくれたJimmyさんが伴走を申し出て頂き、寝てしまった反省を込めて、最後だけはシッカリ走らせて頂き、なんとか70.3マイル達成。ハーフアイアンマンの距離となったのは単なる偶然か、またはトライアスロンの神様から浮気防止の警告かと、、、、。

今回はトレイルでもなく、ロードでもない、校庭での周回走。 日本のモーレツ世代がハマるウルトラマラソンのもつディープな魅力の少しだけでも味見させて頂いたというのが素直な感想です。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

プチ撮影会@Crystal Cove State Park

今週末の68マイルトレイルレースCoyote参戦のJiroさんのプチ撮影会をCrystal Cove State Park にて、、、、、

ジロさんLAX到着、お仕事を含むタフなスケジュールを消化後、ロングドライブでハンティントンビーチまで来て頂き、早朝、”朝日に向かって走る”というテーマでCrystal Coveに向かいます。日の出と共に走り出しますが、曇り空、朝焼け、朝日を拝むことはできませんでしたが、トレイルを超高速で駆け巡るJiroさんにスポットライトを浴びせる如く、朝日が晴れ間から顔を出します。僅か6マイルですが、私にとりましたは、動悸、息切れ、めまいのトレイルラン1時間、、、、。

全編アクションパックの編集となっています、ビデオ中盤(1:35〜)、トップトレイルランナーの”下りの足捌き”の速さをお楽しみ下さい。

Jiroさん、レースサポート、応援には行けませんが、頑張ってください!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村