全国民泊マラソンin鳥取県智頭町を応援したい!!!

お友達のMiwaさんから”全国民泊マラソンin鳥取県智頭町を応援してますと連絡がありどんなマラソンかと調べている内に私も何かできないかと思ってきましたので、皆さんにこの場をお借りしてご紹介させて頂きます。(Miwaさんとのエピソードはこちら、、、)

全国民泊マラソン~鳥取県智頭町~の画像   ベビラン☆ママになっても走りたい!ママランナー4私はこれまでに地元のマラソンにしか出走した経験がありませんが(除トライアスロン)、ラン友の中には、パリ在住の方が東京マラソンに行ったり、ロサンゼルス在住でもNYCMに遠征したりと、各旅先で、マラソンを楽しんでおられます。

東京やNY等という大都市だけでなく、地域活性イベントとしてマラソン開催が大きな効力を持っているのは疑いの余地もない事実です。そんな中、過疎の進む地域でもマラソン開催によって地域を活性させたいと考えるのは当然であり、地域活性化の秘策となりうる民泊(田舎の親戚に泊めてもらうような感じ)を、プラスした新しい仕組みもひとつの魅力です。

自然を満喫し、田舎生活を体験、お土産(参加賞)も豪華という、一石二鳥ならぬ、一石三鳥です、加えて、私の個人的なことですが、イマから30年以上前にお付き合いしていた彼女も鳥取県出身ということで、、、、

締め切りは8月末とのことで、残すところわずかです、私もそんなことで、急遽参戦検討中。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

Advertisements

“SANSEGO” By Craig Alexander

引退後、彼が”なに”をするのか非常に興味があったのですが、どうやら、まずはオンラインコミュニティ(+トレーニングメニュー)を立ち上げたようです。

既にマッカもオンラインコーチングサイトを初めており、どうやら、これがイマの流行りのようですなぁ、、、、

Sansego by Craig  CROWIE  Alexander   Professional Triathlon Training Programs and Coaching by Craig and his team

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

暑中お見舞い申し上げます。

台風11号が被害をもたらした地域も多いとのこと、本当に日本は自然災害が多いと痛感されらせます。
お盆(夏季)休暇は帰省ラッシュ、高速道路は大渋滞となり、狭い日本そんなに急いで何処へ行く、、、、

この時期は父親の命日でもあり、一心寺にお参りに行ってきました。お骨で造仏、宗派を問わず、大阪の庶民として、いつもお参りする人で一杯です。

pagoda通天閣はるかす

今回は一心寺だけでなく、付近をウロウロしてみましたが、寺社仏閣といえば、京都、奈良というイメージですが、四天王寺を始め、歴史散策するには十分です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

OVE 中之島

シルク・ドゥ・ソレイユのオーヴォの情報を調べる為に”OVO,中之島”で検索したところ、”OVE 中之島”を発見。気になるので行ってみました。

世界の自転車市場で押しも押されぬトップブランドのSHIMANOが運営。同社のパーツを展示するコンセプトストアーやフラッグショップではなく、”ライフクリエーションスペース”。新しい自転車の愉しみ方、新しいモノやヒトとの出会い”散走”を提案するカフェ、図書館、イベントスペースを混ぜあわせたような空間で、我々世代が理想と夢見る書斎にでも居るかと錯覚させてくれます。年間会費1000円で書籍を借りれるとのことで、増え続けるサイクリング各誌を購入するよりも安いですし、ロサンゼルスの日系書店で入手できなかったトライアスロン誌LUMINAのバックナンバーも揃っており、即入会。月刊誌の最新版の貸出はできませんとのことですが、店内では無料でドリンクが提供され、中之島というオフィス街に働く人にとっては、仕事を終え、一人で侘びしく立ち呑み屋で過ごすよりも、間違いなく豊かな気持ちにさせてくれます。

OVE東京では南青山にも同様の店舗があるとのことですので、自転車に乗らない人も是非立ち寄って見ては?店内で書籍を読むだけであれば、会員登録必要なしです。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

Vineman無念のDNS

今年のメインレースとしてロサンゼルス在住日本人おやじアスリート4人がサンフランシスコの北、ワインで有名なソノマに殴りこみをかけると鼻息荒く宣言。11年振りの復帰戦となる筋金入りアイアンマンJimmyさんのご指導のもと、トレーニングの進行具合をチェックするイベント(1月オヤジ坂会2月 Big Brick 、3月オヤジセンチュリー)を織り交ぜながら、時にヘロヘロになりながら、4人で祝杯を上げることを目指し、厳しいトレーニングもウキウキワクワクしながら楽しませて頂いたのですが、皮肉にも練習中、自転車事故により、私(4月)だけでなく、Hiroshiさん(6月)もレース不参加という、大変残念な結果となりました。

本来であれば、祝賀会でメダルを首からかけたおやじアスリート4人の満面の笑顔の写真をアップする筈だったのですが、、、、、。

残された2名はお見事に完走。Jimmyさんは現役時代を彷彿させる素晴らしい走りで復帰戦を飾り、腰痛でドクターストップがかかっていたAkiraさんは途中自転車で転倒されるというアクシデントにもかかわらず、ド根性で初フルディスタンス完走。我々の無念を晴らしてくれました。

vineman写真は、恒例となった焼肉祝賀会。私も、早期戦線復帰し、それなりのタイムで完走を目指すことや、応援+撮影で参加というシナリオもあったかと思うと、この焼肉祝賀会に参加できなかったことが残念でなりません。

フラミンゴ自転車部総監督のGeorgeさん、トップランナーAyaさんも参加されたということは、来年は少なくとも6名、または新メンバー(Hideさん)や日本からの参戦者(あつめしさん、Sunhideさん)を含めると10名以上のおやじアスリート軍団で参戦できるようなビッグイベントになるのでは、、、、

Jimmyさん、Akiraさん、Hiroshiさん、来年も宜しくお願いします。

 

 

ど根性アスリートAkiraさんのレースレポはこちら、、、、

いまとなっては、なんの意味もない、昨年の私のレースレポはこちら、、、

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村