変化走のススメ

独学で始めた私のトレーニングには、追い込んで走るというメニューが一切なかったのですが、2011年9月に初めてインターバル走のご指導を受けた時こんなキツイトレーニングがあるのかと思いました。

その後も、自分なりに、思い出したようにダッシュしてみたり、坂を取り入れたり、心拍を上げることはありましたが、その効果があったのか極めて疑問です。

先日、有森裕子さんのイベントに参加した際、目的を解説され、ハッとさせられました。人生も山あり谷あり、周りの変化に置いてきぼりにされないよう、のほほんとLSDだけやってる場合ではないと、、、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

有森さんとのナイトラン撮影裏話

14日、お台場で開催されましたアシックスLAマラソンのプレイベントに参加してきましたので、動画と共に撮影裏話ご報告します。
イベントはアシックスLAマラソンの親善大使を務める有森裕子さんと一緒に走ろうという趣旨で、昨年12月に悪天候で延期され、その時は、ガッカリしましたが、実は内心、ホッとしました。
その理由は、大雨、強風では、楽しそうなイベント動画に仕上げる自信がなかったからです。
今回は天候には不安はなかったものの、2度のオリンピック出場、それぞれ銀、銅メダル獲得という日本、世界を代表するトップランナー有森裕子さんは、ランナーにとって、女神以上の存在で、その緊張、プレッシャーと様々な不安を引きずっていました。
その不安とは、イベントの目的は参加者の皆さんと有森さんが楽しく一緒に走ることです、撮影目的ではありませんので、撮り直し、Take Twoはありません。良い映像が撮れませんでしたという最悪の事態を避け、不安を払拭すべく、課題とその対策を練り、下見を行って本番に臨みました。
まず、夜の開催です。Goproはピーカンの晴天での撮影がベストなコンディションですので、光量が少ないことへの対策です。ライトを持って走るつもりはありませんでしたので、下見では、イルミネーション、街灯など光源となりうる場所を事前にチェック。カメラワークをシミュレーション。
また、グループ走ですので、ズーム機能のないGoproで、どのように有森さんの美貌と笑顔をお伝えするかということですが、これも、イベント前の雑談中に、Goproにも興味をもって頂いたことを確信し、マンフロットの一脚(別名自撮り棒)を走行中にお渡しすることを事前に御願いしておき、明るい所となる直前で、走りながらバトンのように手渡し、自撮りに挑戦してもらいました。
主役は勿論、有森さんですが、脇を走る参加者にとって、憧れの有森さんと一緒にランニングしたことを、お友達やご家族に話したいと思うのが共通の気持ちかと察し、出来る限り、参加者の皆さんにも映像に映り込んで頂くこととして、全員の集合写真撮影のカットシーンから始まり、走行中は周回撮影を繰り返すカメラワークで集団を舐めまわし、最後にはスローモーションでグッと盛り上がるポイントとしてみました。
尺は2分以内とし、LAマラソンの告知も挿入、最後のおまけシーンも軽やかな有森さんの”おどけたノリ”を入れ、楽しかったイベントの雰囲気を伝えられればと。
編集は翌日昼前に終え、関係者のご尽力もあり、映像内容の承認を完了、イベント終了後24時間以内に公開まででき、イベントに参加した人たちの熱が冷めない時間内に公開できたことが最大のポイントかと思います。

そんな課題に挑戦し、撮影、編集しました動画を御覧ください。

有森さんのブログはコチラ

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます、

明けましておめでとうございます。元旦はテレビ、2日は天満の天神さんまで初詣ジョグ、3日はダブルヘッダー飲み会で夜の部では、ロサンゼルスからご帰国中のJimmyさんとの一献。

MASA1暴飲暴食に加え、京都方面の積雪にも不安はありましたが、銀輪亭倶楽部の皆さんと京都嵐山松尾大社初詣サイクリング楽しませて頂きました。

豊中から京都のサイクリングの途中、なんとFlamingo自転車部を率いるGeorgeさんと遭遇するという天文学的確率、奇跡的運命のいたずらもあり、今年も何か起こりそうな予感です。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村