SAN ANDREAS /カリフォルニアダウン

娘と映画に行ってきました。日本では既に公開されているものと思って調べてみますと5月30日の予定から無期延期となり、やっと9月12日に公開日が決まった様子。

確かに、地震と津波という未曾有の大惨事がカリフォルニア全土を襲う設定ですので、東日本大震災の記憶も生々しく、被災された皆さんの気持ちを考えると、復興が進まないことに、更に苛立ちを感じてしまうことかもしれません。

商業的にはアメリカを含む全世界で成功を納めており、全世界のボックスオフィスの売上で、8月6日現在で461ミリオンドル(573億円相当)を稼いでおり、様々の評価を受けるものの、制作費110ミリオンドル(136億円相当)は十分回収済ですので、敢えて日本市場での公開をするかどうかの判断は、日本語版を制作したワーナーブラザーズ(ジャパン)の大人の事情なのかもしれません。

ストーリーに対して、既に日本では公私混同する主人公と酷評する方もおられるようで、滅私奉公のかけらもない行動を理解し、ヒーローとして賞賛してもらえるか疑問が残ります。

この映画に関しては、そんな社会的、歴史的背景から日本市場では、残念ながら純粋にエンターティメントとしてその特殊効果や撮影技法が高く評価されることはないと思われます。

9月11日に公開日を設定していたら、また延期となっていたかもしれません、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s