ロサンゼルスクリテリアム視察

LAのCity Hallを周回するクリテリアムがあるということをSouthern California Bicyclistの編集長から聞き、視察に行ってきました。

クリテリアムとは交通規制を行った一般市街地を周回するレースで、各クラス別に順次予選、本戦とレースが消化されていきますので、観戦する側としては待つ時間が長く、選手を見れるのが瞬間に終わってしまうロードレースと比べると何度も周回する為、見応えがあります。

特に下調べをしていかなかったので、どんなレースになるか分かっていなかったのですが、参加者は全てアマチュアでその9割はTrack (競輪選手が使用する固定ギア)、チーム参戦しているところは3本ローラー台などを持ち込んで、十分にウォーミングアップやらレース前の試走に余念がありません。

流行りのディスブレーキやDi2(電動シフト)がついてませんが、明らかに私の自転車より数倍高いフレームやら、ホィールを装備しています。

Red Bullがスポンサーとして、DJブースと共にサンプルを配布、走っていない私も、暑さにバテて3本頂きました。

コースは坂やヘアピンUターンを含むテクニカルな設定で、カーブで曲がり切れない、(カーブ前で減速するも固定ギアですので、漕ぎ続けなければなりません)または接触による転倒も発生しましたが、そのまま何もなかったように、、、、。

ロードバイクよりも年齢層が若いというのは今の流行りなのか、ここLAだけの特徴なのか、、、自転車といいましても、まだまだ沢山のカテゴリーがありますので、機会を見つけてご紹介していきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

Advertisements

2 thoughts on “ロサンゼルスクリテリアム視察

  1. 道路使用許可など手続きが大変でしょうね。でも綺麗にセパレートされた道路で気持ち良く走っている姿は見ている方も楽しいです。一枚ギヤはコーナーが大変そうです。幾つかの部門の内のこういう部門なんですか?

    • あつめしさん、部門(カテゴリー)は男女それぞれ、RoadとTrackですが、参加されている比率はRoad : Trackが1:9位でした。
      流行りというよりもRoadよりもTackの方が周回コースの醍醐味があるということかもしれません。Roadはやはり長距離だったり、山岳(坂)であったりと市街地で展開するには少しものたりないのかも、、、です。そんな周回コースですのでTT(タイムトライアル)はございません、、、。
      しかし市庁舎、LAタイムス(新聞社)ロサンゼルス市警の建物前を爆走する自転車の軍団はカッコよかったです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s